トロントのアライグマ達の大冒険【2020年夏編】

  

カナダにお住まいの方にとって、アライグマ(英語ではラクーン)さんを見かけるのはそこまで珍しくないことでしょう。

なんなら今朝もLTスタッフが犬の散歩中、のんびりと道路を横断するアライグマさんを見かけたところです。

アライグマ

そんな風にカナダの大都会と言われるトロントにも、街中のいたるところに出没します。

そして人間の生活のスキマで、いつも密かにいろんな大冒険をしています。

そこで、今年の夏(いまのところ)、トロントの人間たちの間で話題になった、アライグマさん達の冒険っぷりをいくつかご紹介します。

人んちのカウチでくつろいでみた

7月下旬に投稿されて、その姿にインスタグラム上がザワついたのが、こちらのアライグマさん。

投稿の動画には、「Living Life(人生を謳歌中)」というキャプション付き。

のどかな鳥の声が聞こえるバルコニーで、日光を楽しみながら、遠くの景色に目をやったりして、もう完全にリラックス中です。

投稿者のお姉さんが「Bro!(よう兄弟!)」と声をかけると、心なしか「ん?」という表情。

野生なのに、こんなに油断していていいのでしょうか。

人んちのプールで泳いでみた

カウチでリラックスするアライグマさんが目撃された数日後、こちらのアライグマさんは、人んちのプールで泳ぐことに決めた模様。

ちゃんとプールの入り口の階段から降りて、スイスイーっと泳ぎ始めます。

この映像を撮影した方も思わず「What a f**k is going on here.This is insane...(なんちゅうことが起きてるんだ。正気じゃないね。)」と言葉を漏らしております。

撮影しているご夫婦も「暑かったんだろうねー。」と話しながら、気持ちよさそうに泳ぐ姿にホッコリ。

アニマル・コントロールに報告すると、こういったケースは聞いたことがない!と驚いていたそう。

この日は体感35度以上。あまりに暑かったからか、アライグマさんもちょっと泳いで涼みたかったんでしょうね。

銀行のATMを試してみた

\

今月上旬に目撃されたのが、TDバンクのATMにやってきたアライグマさん。

人間が使っているATMに興味をもったのか、よじ登ってマシーンをチェックしたり、ATMに来た人に絡んでみたり。

現金を引き出している人の足にしがみついて、「ねぇねぇ何してんの?」と言わんばかり。

撮影者の方がドアへ誘導して出て行かせようとしても、なかなか出ていきません。

投稿されたインスタグラムには、「TDの従業員で、顧客をチェックしてるんじゃない?」なんてコメントも。

建設クレーンに登ってみた

今週の月曜8月11日朝8時半に目撃されたのが、トロントのダウンタウンにある47階建てビルの建設中のクレーンに登るアライグマさん。

何が彼(彼女)をそう駆り立てるのか、クレーンの頂上を目指してどんどん登り、その姿を見つけた市民の方が固唾をのんで見守ります。

このアライグマさん、結局は頂上で案の定立ち往生した模様。

昼間の炎天下で頂上に留まり、多くの市民が心配をしました。

通報を受けたトロント市が協力を要請したアニマル・レスキューによると、こういったケースは人間が近づいて捕まるのが逆に危険(怖がって落ちたりする等)なため、自分で降りるのを待つしかないとのこと。

同日の夜11時過ぎに、やっと自分でクレーンを降りる姿が目撃され、周囲で心配していた市民の方たちは、ホッと胸をなでおろしました。

トロントでは常に、あらゆる場所でアライグマさん達がいろんな冒険をしていて、人間たちをハラハラさせたり、笑わせたり、ホッコリさせたり。

ちなみに、上でご紹介したTDバンクのケースのように人に近づいてくるアライグマさんももいますが、本来かなり気性が荒い動物

見た目は可愛いのですが下手に近づくと、ひっかかれたり、噛まれたりして、怪我をする場合があります。

出会ったら絶対に近づかず、遠くからそっと見守るようにしてくださいね。

また今後も、アライグマさん達の大冒険の事件をご紹介していきます。

Topへ