• 観光地総まとめ

【保存版】トロント市内・近郊の観光スポット30カ所まとめ

  

トロント観光スポット30
photo from Nathan Phillips Square via instagram

オンタリオ州の州都であり、またカナダ最大の都市でもあるトロント。

北米ではニューヨーク、ロサンゼルス、シカゴに続く4番目の規模を誇る大都市でもあります。

また、「人種のモザイク」とも呼ばれ、多くの移民がそれぞれのコミュニティーを作って生活していることから、北米有数の世界都市としても知られています。

今回はそんなトロントのおすすめ観光スポットを、市内、近郊含めて30カ所ご紹介していきます。

目次

トロント・ダウンタウンの定番観光スポット

1. CNタワー
(CN Tower)

CNタワー

トロントのシンボルと言えば、CNタワー!

1976年6月26日に開業して以来、2007年にドバイのブルジュ・ハリーファに抜かれるまで実に30年以上、世界一高い自立式建造物として知られていました。

高さ553.33 mを誇る塔の中は、

●その名の通り床がガラス張りの「グラス・フロア」
「ホライゾンズ・カフェ」「360」という2つのレストラン、
●2008年まで世界一高い展望台として知られていた「スカイ・ポッド」

の4つの展望台があります。

また、地上356m付近で外に出て、タワーの周りを命綱を付けて歩く「エッジ・ウォーク」はスリル満点!!

2. ロジャーズ・センター
(Rogers Centre)

ロジャーズ・センター

ロジャーズ・センターは、メジャーリーグで唯一のカナダのチーム、トロント・ブルージェイズの本拠地です。

1989年に世界初の可動式屋根付きドームとしてオープンし、オープンから2005年までの長きに渡って「スカイドーム」と言う名称で呼ばれていました。

CNタワーの隣りにあり、屋根が開いているときはCNタワーを眺めることができますよ〜!

また野球だけでなく、大規模なコンサート会場やその他スポーツ施設としても使用されています。

Rogers Centre
ウェブサイト
1 Blue Jays Way, Toronto, ON M5V 1J1

3. リプリーズ水族館
(Ripley’s Aquarium of Canada)

リプリーズ水族館

リプリーズ水族館は、2013年にオープンしたカナダ最大の水族館です!

館内はそれぞれ10のカテゴリーに分かれており、たくさんの海・川に生息する生き物を見ることができます。一番大きな水槽はなんと約290万リットルもあります!

見どころはグラス・トンネルと呼ばれる大きな水槽!その名の通り水槽がトンネル状になっており、サメやエイなどの生き物を下から見上げることができます。

Ripley’s Aquarium Canada
ウェブサイト
288 Bremner Blvd, Toronto, ON M5V 3L9

関連記事:【サメが間近に!】北米最長の水中トンネル!カナダ最大のリプレイ水族館

4. ホッケーの殿堂
(Hockey Hall of Fame)

ホッケーの殿堂

カナダで一番人気のスポーツと言えばアイスホッケー!

Yonge St. & Front St. W.(ヤング・ストリート&フロント・ストリート・ウェスト)のブルックフィールド・プレイス(Brookfield Place)内にあるホッケーの殿堂は、歴代・現役問わずアイスホッケーで優れた成績を残した選手を殿堂入りとして称え、アイスホッケーの歴史を保存し、その発展に貢献するために建てられました。

殿堂入りした選手のユニフォームや、プレイオフで優勝したチームに捧げられるスタンレーカップなどを展示しています。

5. スコシアバンク・アリーナ(前エア・カナダ・センター)
(Scotiabank Arena)

スコシアバンク・アリーナ

トロントでアイスホッケーやバスケを見るならここ!

NHLのトロント・メープル・リーフスや、NBAトロント・ラプターズの本拠地となっています。

2018年7月からスコシアバンクと20年契約を結び、エア・カナダ・センターからスコシアバンク・アリーナと改称されました。

またロジャーズ・センターと同じく、大規模なコンサートも催されます。

Scotiabank Arena
ウェブサイト
40 Bay St, Toronto, ON M5J 2X2

6. セント・ローレンス・マーケット
(St. Lawrence Market)

セント・ローレンス・マーケット

1803年にオープンして以来、新鮮な野菜、お肉、お魚を販売しているトロントの台所、セントローレンスマーケット。

フロント・ストリート・ウェスト(Front St. W.)を挟んでノース・マーケットサウス・マーケットの2つの棟に分かれます。

サウス・マーケットのメインフロアと地下には、新鮮なお肉、お魚、野菜などの生鮮食品、チーズ、パスタなどの加工食品を販売しているお店が並び、サンドイッチやチュロスなどを販売するカフェやレストラン、お土産物屋など約120軒のお店がずらっと並びます。

また2階にはトロントの歴史の資料を展示している「マーケットギャラリー」があります。

毎週土曜日にオープンするノース・マーケットは、季節の旬な野菜や果物などを販売するファーマーズ・マーケットを開催しています。

7. ロイヤル・オンタリオ博物館
(Royal Ontario Museum)

ロイヤル・オンタリオ博物館

通称ROM(ロム: Royal Ontario Museum)と呼ばれるこの博物館は、開館してから100年以上の歴史を持つ世界的に知られた博物館です。

トロント大学のすぐそばにあり、巨大なティラノサウルスを始めとする恐竜の化石や、カナダ、アジア・中近東など世界中から集めた貴重な収集品を展示しています。

2007年には拡張工事により、現代的でユニークなデザインの建物が増築されました!

8. オンタリオ美術館
(Art Gallery of Ontario)

アート・ギャラリー・オブ・オンタリオ
photo from John via Wikipedia Commons

通称AGO(Art Gallery of Ontario)と呼ばれ、1900年に開館した長い歴史を持つ美術館です。2008年に内装・外装ともに拡張工事が行われ、現在のユニークなデザインに一新しました。

最先端の現代美術から、カナダの先住民アーティストによる作品まで多岐にわたって展示しており、その数約95,000点にも及びます。

ピカソモネなどの有名絵画も多数展示しています。

また美術館では絵画やクラフト、写真、漫画の描き方などなど子どもから大人まで参加できる様々なアクティビティーやクラスを行っています。

Art Gallery of Ontario
ウェブサイト
317 Dundas St W, Toronto, ON M5T 1G4

9. CFトロント・イートン・センター
(CF Toronto Eaton Centre)

CFトロント・イートン・センター

トロント・ダウンタウンのど真ん中にある大型ショッピングモール。クイーン駅・ダンダス駅とも直結しており、アクセスも抜群!

総面積20万1320平方メートルのモール内には250店舗以上のお店があり、巨大フードコートもあります。

日本未進出のアパレル店やお土産物屋さんなどがあり、カナダの老舗百貨店「ハドソンズ・ベイ」や家電量販店「ベスト・バイ」にも外に出ることなく行けます。

クリスマスシーズンには巨大なクリスマスツリーが登場し、インスタ映えスポットとしても人気!

10. ケンジントンマーケット
(Kensington Market)

ケンジントンマーケット

チャイナタウンのすぐ隣りにあるケンジントンマーケットは、古着の街として知られています。

ビンテージものや一点ものなど、いろいろなお店を探し回ってみるのも楽しいですよね。

またこのエリアはおしゃれなカフェやデザート屋もたくさんあるので、ちょっと一息つきたい時に訪れるのもいいかもしれません。

毎年春から秋口にかけて(5月から9月頃。年によって変更あり)のその月の最終日曜日には、ペデストリアン・サンデーと呼ばれるイベントが行われ、多くの人で賑わいます。

Kensington Market
ウェブサイト
TTC 510番スパダイナ・ストリートカーでナッソー・ストリート(Nassau St.)下車

11. トロント市庁舎/ネイサン・フィリップス・スクエア
(Toronto City Hall/Nathan Phillips Square)

トロント市庁舎

1965年にオープンしたトロント市庁舎はフィンランド人建築家のヴィルヨ・レヴェルによって建築されました。

凸型の円形をした評議会室と、高さの違う2つの弧を描く半円形のようなオフィスタワーからなり、上から見ると目の形をしています。

旧市庁舎

そしてそばにある旧市庁舎は、1984年にカナダ国定史跡に指定され、現在は刑事裁判所として使われています。

ネイサン・フィリップス・スクエア

市庁舎前の広場、ネイサン・フィリップ・スクエアは、毎月様々なイベントが開かれ、大晦日には大規模なカウントダウン・イベントが催されます。

冬になると普段池になっている場所がスケートリンクに変身し、多くの人がスケートを楽しみます。

また2015年に開催されたスポーツイベント、「パン・アメリカン・ゲームズ(Pan American Games)」に合わせて作られた「TORONTO」のモニュメントは、インスタ撮影スポットにピッタリです!

Toronto City Hall
ウェブサイト
100 Queen St W, Toronto, ON M5H 2N2

12. ヤング・ダンダス・スクエア
(Yonge-Dundas Square)

ヤング・ダンダス・スクエア

その名の通りヤング・ストリートとダンダス・ストリートの交差点にある広場です。

週末にはフードイベントライブミュージックなど、いつも何らかのイベントが開催されていて、トロントではおそらく一番賑やかな場所なのではないでしょうか。

広場の周りにはイートンセンターやアトリウム・オン・ベイ、映画館、レストランなどショッピング・レジャー施設がたくさん集まっています。

Yonge-Dundas Square
ウェブサイト
1 Dundas St E, Toronto, ON M5B 2R8

13. ユニオン駅
(Union Station)

ユニオン駅

ユニオン駅はトロントとカナダ各都市を結ぶ中心の駅で、1927年に建てられた歴史のある建物として知られています。

TTC地下鉄に限らず、VIA鉄道GOトレインの停車駅でもあり、ここからカナダ各地に旅をすることができます。

またダウンタウンとトロント・ピアソン国際空港を結ぶUPエクスプレスの始発駅でもあります。

VIA鉄道乗り場のあるグレイトホール全長76m、高さ27mあり、青銅、石灰岩、大理石、タイル、半透明ガラスなどを使って作られていて、トロントの歴史を感じさせてくれる建物となっています。

Union Station
ウェブサイト
65 Front St W, Toronto, ON M5J 1E6

14. ハーバーフロント・センター
(Harbourfront Centre)

ハーバーフロントセンター

オンタリオ湖にある港、ハーバーフロント・センターは、年中通してライブミュージックフードイベントダンスなど様々なイベントを催しています。

たくさんの船が停泊しており、特に夏の晴れている日は潮風に吹かれながら散策するととても気持ちがいいです。

またおしゃれなバーやレストラン、ショッピングも楽しめて、観光客ならずとも地元の人にもとても人気のあるスポットです。

Harbourfront Centre
ウェブサイト
539 Queens Quay W, Toronto, ON M5V 3G3

15. トロント大学
(University of Toronto)

トロント大学

1827年に設立されたトロント大学は、カナダ屈指の名門大学として世界的に知られており、クイーンズパークに囲まれた敷地内にあります。

セント・ジョージ・キャンパスミシサガ・キャンパススカボロー・キャンパスの3つのキャンパスに分かれており、特にセント・ジョージ・キャンパスは歴史的建造物が多数あることから、観光地としても人気があります。

グッド・ウィル・ハンティング(1997)やハルク(2008)など、映画の撮影地としても使われています。

University of Toronto
– St. George Campus

ウェブサイト
27 King’s College Cir, Toronto, ON M5S

16. フェアモント・ロイヤル・ヨーク・ホテル
(Fairmont Royal York)

フェアモント・ロイヤル・ヨーク・ホテル

ユニオン駅の向かいにある4つ星高級ホテル。かつては天皇皇后(現上皇・上皇后)両陛下や英国のエリザベス女王もご宿泊されたという格式あるホテルです。

1929年にオープンしたこのホテルは、シャトーエスク様式という建築様式で建てられており、ヨーロッパのお城のような重厚な造りになっています。

ロビーの中も非常に豪華で、中世のヨーロッパにタイムスリップしたかのような雰囲気が味わえます。

ホテル近辺には数多くのレストランやバー、CNタワーなどの観光スポットが並んでいます。

Hotel Fairmont Royal York
ウェブサイト
100 Front St W, Toronto, ON M5J 1E3

ダウンタウンの穴場スポット

17. クイーンズ・パーク
(Queen’s Park)

クイーンズ・パーク

トロント・ダウンタウンにある公園、クイーンズ・パークは、1860年に当時のビクトリア女王の息子エドワード王子(後のエドワード七世)によって作られました。

春にはたくさんの花が咲き、ダウンタウンのど真ん中にいることを忘れてしまいそうなとてもリラックスできる場所です。

「クイーンズ・パーク」という名称はビクトリア女王にちなんでおり、公園だけでなく敷地内にあるオンタリオ州議事堂の呼称にも使われています。

州議事堂はロマネスク様式で建築された歴史を感じさせる建物で、重厚な雰囲気が漂ってきます。

Queen’s Park
ウェブサイト
111 Wellesley St W, Toronto, ON

18. ラウンドハウス・パーク
(Roundhouse Park)

ラウンドハウス・パーク
photo from City of Toronto

CNタワーとロジャーズ・センターのそばにある公園です。

特徴的な半円の建物がある敷地には、トロントを代表するビールメーカー、「スチーム・ホイッスル」のブルワリーと、ビデオゲームなどのエンターテイメントが楽しめるバー「Rec Room(レック・ルーム)」鉄道博物館があります。

スチーム・ホイッスル・ブルワリー

スチーム・ホイッスル・ブルワリーでは工場見学ツアーを行っており、ビールを一杯無料で試飲することができます!

トロント鉄道博物館

また鉄道博物館では今は使われなくなった50年〜100年以上前のGoトレインや機関車などの車両が展示されています。

小さな線路があり、ミニチュア機関車に乗れるアクティビティーも楽しめます!

Roundhouse Park
ウェブサイト
255 Bremner Blvd, Toronto, ON M5V 3M9

19. アラン庭園
(Allan Gardens)

Allan Gardens

ジェラード・ストリート&シェボーン・ストリート(Gerrad St. & Sherbourne St.)にある、年中無休の温室植物園です。

温室は全部で6つあり、南国植物、熱帯雨林植物、寒冷植物などそれぞれの気候ごとに分かれて様々な植物を栽培しています。

また季節のフラワーイベントも随時開催しています。

温室の近くにはドッグラン・スペースや公園などもあり、地元の人達からも憩いの場として人気があるスポットです。

この辺りは夜間は治安が悪くなるので、日中にお楽しみください。

Allan Gardens
ウェブサイト
160 Gerrard St E, Toronto, ON M5A 2E5

20. ディスティラリー地区
(Distillery District)

ディスティラリー地区
photo from The Distillery District

石畳のおしゃれな雰囲気が漂うディスティラリー地区は、かつて広大なウイスキー蒸留所(Whiskey Distillery)があったことでも知られています。

地区内にはウイスキーを始め、ビールや日本酒など多くのブルワリーや蒸留所が並び、おしゃれなバーやレストラン、ブティック、お土産物屋さんなどがあります。

また劇場では歌、ダンス、演劇を楽しむことができ、毎年クリスマスシーズンにはクリスマスマーケット、1月から3月頃にかけて世界中のライトアップアーティストの作品が展示されるトロント・ライト・フェスティバルで賑わいます。

Distillery Historic District
ウェブサイト
55 Mill St, Toronto, ON M5A 3C4

21. ブロア・ヨークヴィル
(Bloor-Yorkville)

Cumberland Street, Yorkville

ファッショナブルな高級ブティック街、ブロア・ヨークヴィル。

高級百貨店のホルト・レンフルーやエルメス、カルティエなどの高級宝石店ファッションブランド店などが建ち並びます。

地区の中心、カンバーランド・ストリートやヨークヴィル・アベニューには、フォーシーズンズホテルなどの高級ホテル高級レストランもあり、9月のトロント国際映画祭の時期など、ハリウッド・セレブを含む国内外の有名人・著名人がたくさん訪れます。

憧れのセレブに遭遇する機会があるかも?!

Bloor-Yorkville
ウェブサイト
TTCヤング・ブロア駅からブロア・ストリート・ウェストを西、またはTTCベイ駅周辺

ダウンタウン近郊の日帰りスポット

ダウンタウンからちょっと足を伸ばすと、一日中たっぷり遊べるスポットがたくさんあります。

TTCサブウェイ圏内なので日帰りできて安心!

22. トロント島
(Toronto Islands)

from the island | toronto.

ハーバー・フロント・センター近くのフェリー乗り場から行ける島です。

センター・アイランド、ウォーズ・アイランド、オリンピック・アイランドなど全部で15の島々があり、西部の「ハンランズ・ポイント」、中央部の「センターアイランド」、東部の「ウォーズ・アイランド」の3カ所に行けるフェリーが運行されています。
(運賃は子ども$3.95、15〜19歳・シニア$5.37、大人$8.19(2019年6月時点)。フェリードックそばのチケットカウンターで購入できます。運行時間、その他詳細はトロント市ウェブサイト、Toronto Island Parkのページをご覧ください)

島ではCNタワー、ロジャーズ・センター、トロント・ダウンタウンのビル群が一望でき、夏にはサイクリングやバーベキュー、ビーチで日光浴などを楽しむ人達で賑わいます。

Toronto Island
ウェブサイト
TTCユニオン駅から509または510番ストリートカーに乗車後、クイーンズ・キー・フェリー・ドックス・ターミナル(Queens Quay Ferry Docks Terminal)で下車。各地フェリーが運行されています。

関連記事:【保存版】ダウンタウンから船ですぐ!トロント・アイランドの魅力と行き方ガイド

23. ハイパーク
(High Park)

ハイパーク
photo from City of Toronto

ハイパークトロント最大の公園で、たくさんのハイキングコースやピクニックエリアなどがあり、一日中楽しめます。

公園内には小さな動物園があり、ラマ、羊、クジャクなど20種類以上の生き物が飼育されています。

1959年には東京市民から贈られたソメイヨシノが植えられ、毎年5月上旬頃に満開になります。

今年2019年には植樹60周年記念として、盛大なイベントが催されました。

24. ヨークデール・ショッピングセンター
(Yorkdale Shopping Centre)

ヨークデール・ショッピングセンター
photo from Yorkdale Style via instagram

TTCヨークデール駅に直結している巨大ショッピングモールです。

モール内には約270軒のお店があり、年間1800万人が訪れます。

トロント出身のミュージシャン、ドレイクが経営するアパレルショップ、「OVO」や、「カナダグース」直営店、近年人気のアパレル店「ムース・ナックルズ」など、イートンセンターにはない日本未進出・または日本で人気のアパレルショップが数多く出店しているのが魅力。

またカナダで唯一、チーズケーキファクトリーの支店があります。

Yorkdale Shopping Centre
ウェブサイト
3401 Dufferin St, North York, ON M6A 2T9

25. オンタリオ科学センター
(Ontario Science Centre)

オンタリオ科学センター

エグリントン・アベニュー&ドン・ミルズ・ロード(Eglinton Ave. & Don Mills Rd.)にある科学博物館。

最先端の科学技術を駆使した世界初の体験型科学博物館の一つとして知られています。

宇宙、人体の不思議、自然の生き物など多くのセクションに分かれ、楽しみながら科学について学ぶことができます。

1969年にオープンし、2019年で50周年を迎えるということで、様々な記念イベントを行っています。

26. カサロマ
(Casa Loma)

カサロマ
photo from Casa Loma via Instagram

カサロマは1914年に建てられた、まるで中世のヨーローッパのお城を思わせる巨大な邸宅です。

1914年にカナダの資産家、ヘンリー・ペラット卿によって、ゴシック・リバイバル様式という建築方法で建てられました。

ペラット卿が財政難により所有権を手放したあとは、歴史的建造物に指定され、トロントを代表する観光スポットになっています。

全部で7階、6010平米もの広さがあり、噴水や温室もある大きな美しい庭園も見どころ!

映画やテレビ番組の撮影地としても使われています。

27. トロント動物園
(Toronto Zoo)

トロント動物園

トロント・スカボロー地区の東にあるカナダ最大の動物園。

総面積は287ヘクタールあり、なんと東京ディズニーランド(46ヘクタール)がまるごと6つ入るぐらいの大きさになっています。

アフリカのサバンナ、ユーラシア大陸、アメリカ大陸など全部で15のセクションに、460種以上5000点以上の動物を飼育しています。

28. カナダズ・ワンダーランド
(Canada’s Wonderland)

カナダ最大の遊園地カナダズ・ワンダーランドはトロントの北西、ヴォーン地区にあります。

カナダズ・ワンダーランド
photo from Canada’s Wonderland via instagram

133.55ヘクタールものの敷地面積を誇り、北米で最も来訪者数が多い遊園地の一つとして数えられています。

園内には絶叫マシン、ファミリーライド、ウォーター・パークなど含めて全部で77種類のアトラクションがあり、随時イベントやショーも行っています。

2019年5月に公開された「ユーコン・ストライカー」は、130km/hものスピードで、垂直(90度)の傾斜を3秒かけて落下するというスリル満点の絶叫マシンです!

Canada’s Wonderland
ウェブサイト
1 Canada’s Wonderland Drive, Vaughan, ON L6A 1S6

一泊して楽しみたい観光スポット

トロント市から少し離れたところにある観光スポット。日帰りもいいけど、ゆっくり楽しむなら泊まるのがおすすめ!

29. ナイアガラの滝
(Niagara Falls)

ナイアガラの滝

世界三大瀑布の一つとして、世界中で知られているナイアガラの滝。カナダに来たら一度は行ってみたい名所ですよね!

ユニオン駅から車で1時間ほど、バス・電車で2時間ほどで行くことができます。

一番大きなカナダ滝、南側にあるアメリカ滝、その隣のブライダルベール滝の3つの滝からなっています。

ナイアガラのカナダ滝を目の前で見ることができる展望台「テーブルロック」や、滝壺のすぐ近くまで行くボート「霧の乙女号」など、アトラクションがたくさん楽しめます。

滝近くのクリフトン・ヒル通りではお土産物やレストラン、お化け屋敷、観覧車などの施設が多数並んでいて、お子様から大人までたっぷり楽しめます。

そして周辺にはフォールズビュー・ホテルやカジノナイアガラなど、カジノが楽しめる施設があります。

カジノは19歳以上の方が対象なので、パスポートなどのIDを忘れずに持っていきましょう!

またカナダ・アメリカの国境にあるレインボーブリッジを歩いて国境を渡ることができます。

ナイアガラの滝周辺の観光スポットを巡るWEGOというバスが走っており、一日乗車券も販売しています。

※国境を渡る際、レインボーブリッジを渡ったところにある税関を通ります。カナダ出国時には何も言われませんが、パスポートを持っていないとアメリカからカナダに戻れなくなってしまいます。くれぐれもパスポートを忘れないように気をつけましょう!

Niagara Falls
ウェブサイト
トロントからナイアガラの滝までの行き方を参照

トロントからナイアガラの滝までの行き方

●GOトレイン
おすすめは、GOトレインに乗って行く方法です。

5月のビクトリアデーがある週末(2019年は5/17(金)〜5/20(月))、または6月の第3週金曜日から9月のLabour Dayまでの間、ユニオン駅からナイアガラの滝までの往復チケット+WEGOバスの2日間有効の乗車券がセットになった「ナイアガラ・シーズナル・トラベル・パッケージ」というパッケージチケットを販売しています。

Niagara Falls Travel Package
ウェブサイト

●バス
トロント・ピアソン国際空港からナイアガラの滝までを結ぶシャトルバス「ナイアガラ・エアバス」や、安く済ませたいという方は、なんと時期によっては$1から行ける「メガバス」を使うという手もあります。

Niagara Airbus
ウェブサイト

Mega Bus
ウェブサイト

関連記事:トロント市内からナイアガラへの行き方まとめ!VIA鉄道、カジノバス、電車etc

30. ナイアガラ・オン・ザ・レイク
(Niagara-on-the-Lake)

ナイアガラ・オン・ザ・レイク
photo from Niagara-on-the-Lake via instagram

ナイアガラ川とオンタリオ湖が合流する地点にあるナイアガラ・オン・ザ・レイクは、街のシンボルでもある時計台と美しい花時計が目を引く小さな町です。

アイスワインの生産で有名なワイナリーが数多くあり、試飲ができるワイナリー・ツアーも開催しています。

また劇場の町としても知られ、演劇の祭典「ショー・フェスティバル(Shaw Festival)」が4月から12月にかけてフェスティバル・シアター、ロイヤル・ジョージ・シアター、ジャッキー・マックスウェル・スタジオ・シアターの3つの劇場で開催されます。

カナダの国立史跡にも認定されている、19世紀の薬局を復元した「ナイアガラ薬局博物館(Niagara Apothecary)」も見どころです。

Niagara-on-the-Lake
ウェブサイト
ナイアガラ・オン・ザ・レイクまでの行き方を参照

ナイアガラ・オン・ザ・レイクまでの行き方

●WEGOバス
ナイアガラ・オン・ザ・レイクまでは、ナイアガラの滝から運行しているWEGOバスを使うのが便利です。

WEGOのグリーンラインで終点、フローラル・クロックで下車したあと、ナイアガラ・オン・ザ・レイク・シャトルに乗り換えるといいでしょう。

WEGOバスについてはWEGOバス公式ページをご覧ください。

●ツアー
効率的に色んな所を回りたいという方にはツアーに申し込むといいでしょう。

ナイアガラの滝発のツアーが多数あり、ワイナリーツアーが含まれている所も多いです。


以上、トロントのおすすめ観光スポットを30カ所ご紹介しました。

ほかにもトロントには各地にたくさんのエスニックタウンかっこいいウォールアートなどがあり、暖かくなるに連れてフェスティバル、パレードなど楽しいイベントが毎週のように開催されます。

トロントを思いきり楽しむため、ぜひイベントカレンダーも参考にしてみてくださいね!

Topへ