【速報】トロントとピール地域が11月23日(月)より再ロックダウンに

  

_11月22日更新情報_
本記事で、「映画やドラマ制作は、撮影後の編集作業(ポストプロダクション)などは許可されるが、新たな撮影はロックダウン状態では不可(レッドエリアへ戻れば可能に)」とご紹介しましたが、11月22日時点でトロントでの新たな撮影はレッドエリアのルールに準じるとして、可能となりました。

オンタリオ州政府はトロントとピール地域を11月23日(月)より再びロックダウンすると発表しました。

レストランやバーの屋内外での食事が禁止され、ピックアップとデリバリーのみに、その他ノンエッセンシャルな事業も閉鎖となります。

今回は、州政府が発表した詳細を日本語でまとめましたのでご覧ください。

11月23日午前12:01よりトロントとピール地域が再ロックダウン


カナダ・オンタリオ州政府は11月20日(金)の会見で、トロント市のあるトロント地域と、ミシサガ市やブランプトン市を含むピール地域を再ロックダウンすると発表しました。

ロックダウンは11月23日(月)午前12:01から開始され、すくなくとも28日間はロックダウン状態で様子をみるようです。

そのため、最短でも12月21日(月)まではロックダウンが続きます。

また、ダーラムとウォータールー地域は、5段階で色分けされた4番目のカテゴリである「レッドゾーン」に11月23日(月)午前12:01移行されます。

なお、会見では、オンタリオ州政府首相ダグ・フォードが以下のように述べました。

“I know this is difficult news today. This is not where we want to be. But I have faith that Ontario will weather this storm together.”
“厳しいニュースであることは知っています。これは、私たちが望むところではありません。しかし、私はオンタリオ州が一緒にこの嵐を乗り切ると信じています。

各事業へのロックダウンによる影響


ロックダウン後は様々な事業に影響がでます。

今後細かな変更も想定されますが、まずは以下の内容がベースとなります。

●病院や歯科医院、薬局、食料品店は引き続き営業可能

●チャイルドケアサービスや小学校などの公立学校は開校
(​オンタリオ州の小学校などの公立学校は引き続き開校、高等教育機関はオンラインのみで開校。)

●レストランやバーはピックアップまたはデリバリー、ドライブスルーのみ可能
(アルコールは引き続き販売されるが、飲食店の屋内外の飲食利用は不可)

●小売業とその他の事業:ノンエッセンシャルな小売店やモール内の小売店は、路上での受け取りやデリバリーのみ可能
(食料品店、コンビニエンスストア、ハードウェアストア、サプライストア、アルコール販売店、薬局などのエッセンシャル事業は、対面での買い物も可能ですが、店内は50%の収容率に制限されます)

●園芸センターや自動車販売店は予約制で営業可能。

●以下のその他の事業は休業となります。

・理髪店
・パーソナルケアサービス
・カジノ、ビンゴホール、ゲーミング施設
・映画館
・舞台芸術施設

●スポーツやフィットネス施設
・屋内のジムやコート、プール、リンクなどはすべて閉鎖
・屋内スポーツはトレーニングも含み全面禁止
・屋外でのスポーツやフィットネスクラスは10名まで
・コミュニティーセンターや多目的施設は育児など特定の活動の場合のみオープンを許可

●ミーティングスペース
​法廷・行政サービス、精神保健・依存症支援サービスを除き、すべての会議スペースとイベントスペースは閉鎖

●映画やドラマ制作は、撮影後の編集作業(ポストプロダクション)などは許可されるが、新たな撮影はロックダウン状態では不可(レッドエリアへ戻れば可能に)

ロックダウン時の生活上の制限

ロックダウン後は以下のような制限が発生します。

●列に並ぶ場合は2メートル離れて立つこと

●​屋内で開催される公共の行事や社交的な集まりや集会はすべて禁止
(同じ世帯での集まりを除く)

●屋外での集会は物理的な距離を維持し10人までに制限

●教会や礼拝所は屋内外で各10人に制限
(宗教的なサービスや結婚式、葬式にも適用)

不明点は州政府の窓口へ


今回のロックダウンでの影響については、不明点も多いかと思います。詳細はこちらのオンタリオ州政府公式サイトもご覧ください。

また、オンタリオ州政府は以下の相談窓口を設けています。

「どういった事業が開かれるのか」「ビジネスや雇用にどういった影響を与えるか」など、質問がある場合は以下に電話連絡しましょう。

Stop the Spread Business Information Line
1-888-444-3659

Topへ