10のQ&Aで理解!留学生は対象?カナダ入国者の国境措置緩和の第1段階アプローチ

  

こちらの記事でも取り上げましたが、本日6月21日(月)にカナダ連邦政府は国境措置を緩和するためのアプローチ第1段階の詳細を発表しました。

今回はそのアプローチの第1段階について10のQ&Aにしてまとめてみたので、ぜひ確認してみてください。

Q1. 3日間の指定ホテル隔離と14日間の自己隔離が免除されるのはいつから?

2021年7月5日追記:

当初発表された予定より約24時間早まり、東部時間で7月5日(月)12:01am からスタートとなりました!


photo from travel.gc.ca

2021年7月5日(月)の東部時間で午後11時59分からとなります。ほぼ7月6日からと考えても良さそうです。

対象者は、検疫、必須のホテル滞在、および8日目の検査が免除されます。

 

Q2. 3日間のホテル隔離と14日間の自己隔離の免除対象者は?留学生は対象?

前提として、カナダに入国資格がある完全なワクチン接種を受けている人が今回の規制緩和の対象です。

上のCBCの関連記事では対象者は「カナダ市民と永住権保持者」と主に記されていますが、以下のようにも記されています。

The new rules — which kick in July 5 at 11:59 p.m. ET — cover Canadian citizens, permanent residents, those registered under the Indian Act and some foreign nationals already allowed to enter Canada, including international students.

引用:CBC

(意訳)
7月5日午後11時59分に開始される新しいルールは、カナダ国民と永住権保持者、インディアン法に基づいて登録された人、留学生含むすでにカナダへの入国を許可されている一部の外国人も対象としています。

こちらのカナダ政府のニュースリリースにも同様のことが記されているので、確認してみてください。

 

Q3. 完全なワクチン接種を受けていない子どもを連れてカナダに入国する場合、3日間の指定ホテル隔離はありますか?

カナダ連邦政府のこちらのページによると、完全にワクチン接種を受けた個人は政府認可のホテル隔離滞在をする必要がないため、18歳未満の予防接種を受けていない子ども or 一緒に入国する扶養家族もホテル隔離滞在を免除されます。

 

Q4. fully vaccinated と見なされるためのワクチンの種類は?

カナダに入国する少なくとも14日前に、カナダ政府が承認するワクチンを完全に接種している必要があります。

以下4種類です。以下のものであれば、1回目と2回目のワクチンが違う種類であっても問題ありません。

・Pfizer
・Moderna
・AstraZeneca/COVISHIELD
・Janssen (Johnson & Johnson)

 

Q5. ワクチン接種を受けた国は関係ありますか?

カナダ政府によると、どの国でも上記のワクチンを接種しているのであれば問題ありません。

 

Q6.カナダ入国にはワクチン接種の証明となる文書を提出するってほんと?

本当です。ArriveCANを通じて英語、フランス語のワクチン接種を裏付ける文書を提出(アップロード)する必要があります。

アップロードされると、国境サービス担当者が検疫免除の最終決定を下すとのことです。

また、必要な情報とそれをArriveCANに入力する方法の詳細は、2021年7月5日までにオンラインで発表される予定です。
 

Q7.到着前と到着後の検査は必要ですか?

完全にワクチン接種を受けた人でも、カナダに入国するには到着前および到着時の検査が必要です。

カナダ連邦政府は、「継続的な検査をすることで、公衆衛生の専門家は国境での陽性率を監視し続け、懸念のある変異を監視して必要に応じて国境措置をさらに調整することができます。」としています。

 

Q8.検疫計画はいるの?

完全にワクチン接種を受けた人でも、カナダ到着前にArriveCANを通じてCOVID-19関連情報を電子的に提供する必要があります。

国境で検疫の免除に必要な条件を満たしていないことが判明した場合に備えて、適切な検疫計画を提示し、検疫の準備をする必要があります。

また、公共の場でマスクを着用するなどの公衆衛生対策もお忘れなく。

 

Q9.今のところ1回だけワクチン接種を受けているのですが、何か規制は緩和されますか?

完全にワクチン接種を受けていない人の場合、カナダの現在の国境措置に変更はありません。

 

Q10.ワクチン接種していないのに、嘘をついて入国したらどうなりますか?

ワクチン接種の状況に関する虚偽の情報を提出した人は、検疫法に基づく最高750,000ドルまたは6か月の懲役、あるいはその両方の罰金、または偽造刑法に基づく起訴の対象となる可能性があります。

 

最後に:カナダの州・準州によっては独自の入国制限があるようなので注意

ということで、いかがでしたか?

規制緩和が嬉しいところではありますが、カナダ連邦政府は引き続き非必須な旅行は控えるようにアドバイスしています。

また、一部の州および準州では、独自の入国制限が設定されている場合があるので、カナダ国外に出る場合は連邦政府および州 or 準州の制限と要件の両方を確認しておくのがよさそうです。

Topへ