まるでヨーロッパのお城!トロントの豪華邸宅「カサ・ロマ」の楽しみ方

   
  

トロントの人気観光スポットの一つ、小高い丘の上にある邸宅「カサ・ロマ」
まさに、ヨーロッパ中世のお城のよう!


photo from CasaLoma

ゴシック様式の美しい外観はもちろん、博物館となっている邸宅内も一見の価値があります。

大ヒット映画『Xメン』や『シカゴ』の撮影場所としても知られていて、現在でも多くの映画やドラマ撮影に使われています。


約6000坪の広大な庭に、98もの部屋があるカサ・ロマ。

ゆっくり見て歩くには半日は必要です。

今日は、カサ・ロマの歴史、見どころをご紹介していきます!

 

▶︎スペイン語で「丘の上の邸宅」

photo from CasaLoma

カサ・ロマは、スペイン語で「丘の上の邸宅」を意味します。
その名の通り高台にあり、ここから一望できるトロント市街の眺望も必見です。
ダウンタウンのCNタワーもはっきり見ることができますよ。

 

▶︎カサ・ロマの歴史

photo from Wikipedia|Henry Pellatt

↑ヘンリー・ミル・ペラット卿(1936年頃に撮影)

カサ・ロマは、ナイアガラの滝を使った水力発電で成功をおさめたカナダの大富豪ヘンリー・ミル・ペラット卿(Sir Henry Mill Pellatt/1859年〜1936年)が、350万ドル(当時)の巨額を投じて築き上げた豪邸です。

建設開始は1911年、それから3年の歳月をかけて1914年に完成しました。


photo from CasaLoma

しかし、彼がこの豪邸に住むことができたのは、10年足らずでした。

事業の業績が悪化していたことに加え、戦後の不景気で、トロント市がカサ・ロマの住民税を1年に600ドルから月1,000ドルに値上げ。ヘンリー卿は、1923年にカサ・ロマを手放さざるを得なくなったのでした。


photo from CasaLoma

ヘンリー卿がカサ・ロマを手放した後は、短期間滞在のホテルとして使われたり、裕福なアメリカ人の社交場となりました。

現在はトロント市が運営をし、トロントの観光名所の一つとなっています。

 

▶︎邸宅内の見どころ

1階:各部屋の美しいデザインの数々が見もの


photo from CasaLoma
↑Great Hall:思わず見上げたくなる高い天井

1階には、高さ18mの天井が印象的なメインホール“Great Hall”を始め、天井に家紋が施された”Library”、暖炉の両側に秘密扉がある書斎”Henry’s Study”などがあります。

photo from CasaLoma
↑Library:天井の美しい家紋の装飾に注目したい図書室


photo from CasaLoma
↑Henry’s Study:秘密扉の存在がミステリアスな雰囲気の書斎

また、美しい温室”The Conservatory”大理石も見ものです。床の大理石はイタリア製、壁の一部にはオンタリオ州の大理石が使われています。天井のステンドグラスの美しさにも、見惚れてしまうでしょう。


photo from CasaLoma
↑The Conservatory:温室を美しく彩るステンドグラスの天井も見もの

そしてチェスやカードゲームを楽しんでいた”Smoking room”、当時では非常に珍しいビリヤードがあった”Billiard Room”も見て回りましょう。


photo from CasaLoma
↑Billiard Room:ヘンリー卿は、カサロマの建築家E.J.レノックス氏と、ここで長時間に渡りビリアードを楽しんだそう

朝食をとる場所として使われていた”Serving Room”には、ヘンリー卿がデザインしたオリジナルの家具が残されていますよ。


photo from CasaLoma
↑Serving Room:繊細なデザインが施された家具類も見もの

 

2階:豪華な寝室と最先端のバスルーム


photo from CasaLoma
↑Sir Henry Pellatt’s Suite:マホガニー材とクルミの木でできた重厚なヘンリー卿の寝室

2階には、ヘンリー卿夫妻の部屋があります。
ヘンリー卿の部屋の暖炉裏には、隠し部屋があり彼が秘密書類などを隠すのに使っていました。また技術を凝らした豪華な設計のバスルームにも注目を。

photo from CasaLoma
↑Sir Henry Pellatt’s Bathroom:白大理石で覆われたバスルームのシャワーは、3つのパイプに6つのシャワー口がついていて、体全体を包むように洗える造りに。

ヘンリー卿夫人の部屋”Lady Pellatt’s Suite”は、彼女が大好きだったウェッジウッドブルーを基調としていて、ヨーロッパのお姫様の部屋のようです。
また、バスルーム”Lady Pellatt’s Bathroom”には、この時代では非常に珍しかった水洗トイレがあります。


photo from CasaLoma
↑Lady Pellatt’s Suite:爽やかな色調のヘンリー卿夫人の寝室

photo from CasaLoma
↑Lady Pellatt’s Bathroom:ヘンリー卿のバスルームより少し小さめのバスルーム

さらに、このフロアには、ヘンリー卿がロイヤルファミリーをいつか招待したいと考えていた”Windsor Room”などもあります。


photo from CasaLoma
↑Windsor Room:イギリス王室所有のウィンザー城の名前がついたお部屋
 

3階:カナダの歴史を知るライフル銃兵隊の資料


photo from Queen’s Own Rifles Museum via Facebook

3階は、使用人の部屋と、クイーンズ・オウン・ライフル・ミュージアム(Queen’s Own Rifles Museum)展示室がメインになります。

クイーンズ・オウン・ライフル・ミュージアムには、初期のカナダ軍のライフル銃兵連隊クイーンズ・オウン・ライフル(Queen’s Own Rifles:直訳すると「女王陛下のライフル銃兵隊」)の歴史資料が展示されています。 この連隊の少将だったヘンリー卿は、クイーンズ・オウン・ライフルにその生涯で多くの寄付をしていました。


photo from Queen’s Own Rifles Museum

またこの3階からは、螺旋階段を使って塔の上まで登ることができます。


photo from CasaLoma
 

地下:ドキドキの地下通路


photo from CasaLoma

地下には、映画で見たことがあるような全長244mの地下通路があります。屋外にある馬小屋と狩猟小屋に続いています。
ひっそりとしていてどこか不気味な地下通路。少人数で歩くのには少し勇気がいるかもしれませんが、壁にはトロントの暗黒面に関する写真などが展示されているので、ゆっくり鑑賞しながら歩いてみると良いでしょう。

その他にも、未完成のまま残されたプール、そしてアンモニアとブラインで冷却貯蔵をしていたワイン貯蔵室も。
このワイン貯蔵室には、当時1800本ほどのワインやシャンペーンが保管されていたそうです。

このフロアにはカフェやギフトショップもありますよ!
 

馬小屋と車庫:1900年の自動車達


photo from CasaLoma

屋外にある馬小屋では、当時馬車を引く多くの馬が飼育されていました。


photo from CasaLoma

↑The Stables:馬小屋の内部には、マホガニー材で作られた馬の仕切り部屋が並び、床はスペイン式のタイル装飾がほどこされています。

また車庫としても使われていたここでは、1900年代当時の自動車などが展示されています。
現代とは全く違うデザインやその作りは、馬車から自動車へと変わった当時を思い起こさせてくれます。

photo from CasaLoma

 

ガーデン:絶好の写真スポット


photo from CasaLoma
5〜10月限定でオープンしているガーデンでは、季節ごとに丁寧に手入れされた美しい花々が咲いています。花と緑、噴水とカサロマの建物のコンビネーションは、写真を撮るには絶好のスポットです。
美しいこの場所では、結婚式やパーティー、コンサートなどのイベントも頻繁に行われています。

A post shared by Casa Loma (@casalomatoronto) on

 

▶︎イベント:脱出ゲームも!


photo from CasaLoma

カサ・ロマでは、ミュージックライブやダンスパーティーなど、さまざまなイベントが定期的に開催されています。

中でも、LTスタッフが特に気になるのが、シリーズで行われているカサ・ロマを舞台とした脱出ゲーム!

photo from CasaLoma

様々な舞台設定とミステリー小説並のストーリーで、カサ・ロマの中を巡って謎解きをしながら脱出ゲームを楽しめます。

このカサ・ロマを舞台にした脱出ゲームは様々なシリーズで行われていますので、ぜひ脱出ゲームの公式サイトでチェックしてくださいね。

その他に行われているカサ・ロマのイベント詳細は、こちらでご確認ください。
※イベントの参加するには、カサ・ロマの入場料金とは別途チケットが必要です。

 

▶︎チケットの料金&購入方法

大人(18-59) 27ドル
シニア (60+) /ユース (14-17) 22ドル
子ども(4-13) 17ドル
3歳以下 無料

チケットは、オンラインもしくは現地窓口で購入できます。

※カサ・ロマ以外にもトロントの観光名所を訪れる場合は、カサ・ロマ、 ロイヤルオンタリオ博物館、CNタワー、カナダリプレイ水族館、トロント動物園(もしくはオンタリオサイエンスセンター)全てに入場できるCityPASSの購入がお得です。

CityPASS | Toronto
http://www.citypass.com/toronto

 

▶︎カサ・ロマへの行き方

・地下鉄で
地下鉄TTC デュポン(Dupon Station)駅下車
駅から徒歩15分(行きは、登り坂になります)

・車で
ダウンタウンから車で15分ほど
駐車場は1台につき10ドルかかります

 

カサ・ロマは、他のトロント観光とはまた違った体験ができるスポットです!

日本語に対応した携帯音声ガイドを無料で借りることができるので、母国語で館内各所の見どころを聞きながら回ってみてくださいね!

カサ・ロマ(Casa Loma)
住所:1 Austin Terrace, Toronto, Ontario, Canada M5R 1X8
電話:(416) 923-1171
web:http://casaloma.ca/index.html
開館時間: 毎日9:30am-5:00pm(最終入場は4:30pm)、クリスマスイブは4:00pm閉館、クリスマスは休館。
     ※詳細はこちら

Topへ