【速報】11月7日より一部地域のジムや飲食店の店内利用が再開・トロントは14日からの見込み

  

※本記事で紹介した、11月14日よりオレンジゾーンへ配置予定だったトロントは、11月10日のオンタリオ州政府の発表で「レッドゾーンへ配置される」ことが決定。さらに通常より厳しい制限が設けられることになりました。

詳細はこちら「トロント市がレッドゾーンに配置予定、友人宅訪問も禁止へ。トロント独自ルールの詳細」へ。

2020年11月3日(火)、オンタリオ州政府は各市町村を詳細な5つのカテゴリーへ分け、新型コロナウイルス対策の新計画をおこなうと発表しました。

発表内容を日本語でまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

新しい5つのフレームワークの制限と条件


オンタリオ州の34の公衆衛生ユニットは、各地域のCOVID-19の新規感染者の増加割合などに基づいて「防止(Prevent):緑色」「保護(Protect):黄色」「制限(Restrict):オレンジ色」「コントロール(Control):赤色」「封鎖(ロックダウン)」の5つのカテゴリーに地域を分類、かつ色分けされることになりました。

photo from COVID-19 Response Framework:Keeping Ontario Safe and Open

これは、「COVID-19 Response Framework:Keeping Ontario Safe and Open」と呼ばれる新たなフレームワークで、今後は各地域をレッドゾーンやオレンジゾーンと色分けし、各地域はグリーンゾーン=「防止(Prevent)カテゴリー」を目指す形で、新型コロナウイルス対策を行います。

また州政府は、11月3日時点でオタワ、ピール、ヨーク地域、および東部オンタリオ州の公衆衛生ユニットを11月7日(土)午前12:01に「制限(Restrict)カテゴリー」に配置することを提案しています。

なお「オレンジゾーンの制限(Restrict)カテゴリーでは、ジムと屋内のダイニングが、人数と時間を制限しオープン可能になることを意味する」と発表しています。

一方、トロントは11月14日(土)午前12:01にこれらの4つの地域に加わる形で「制限(Restrict)レベル」に配置される見込みなので、11月14日よりトロントの飲食店の店内利用などが再開する見込みということです。

さらに、ブラント郡、ハミルトン、ダラム、ハルトン地域を「保護(Protect)カテゴリー」に含めること、残りのすべての地域は「予防(Prevent)カテゴリー」に入ることが提案されています。

現在、「コントロール(Control)」または「ロックダウン」カテゴリーになるように提案されている地域はありません。

※11月6日更新情報※

オンタリオ州政府は11月6日午後、ピール(Peel)地域のみを州内で唯一のレッドゾーン(コントロールカテゴリー)にすることを決定。11月7日12:01AMより施行されます。

これにより、同地域では飲食店の店内利用やジム利用などが不可となり、飲食店のパティオなどは6人以下が着席できます。また、集会の人数は屋内で10人、屋外で25人に制限されます。

一方、オタワとヨーク地域はオレンジゾーンに移行され、飲食店の店内利用は可能なものの人数は50人以下に制限、4人以下が一緒に着席できます。また、午後10時までに閉店する必要があります。

トロント市は11月14日12:01AMからオレンジゾーンの移行される見通しです。

各カテゴリーの制限・状況と条件

photo from COVID-19 Response Framework:Keeping Ontario Safe and Open

以下に、州政府発表内容を要約しました。

●防止(Prevent):緑色
このカテゴリーの地域は、公衆衛生上の安全対策についての教育・啓発に力を入れなければならない。幅広く利用可能なワクチンまたは治療法が確立されるまでは,ステージ3の制限を反映する。

なお、防止カテゴリーになるには、地域の公衆衛生保険ユニットの1週間の罹患率が、人口10万人あたり10件未満であること、検査陽性率が1%未満であることが条件。

●保護(Protect):黄色
このカテゴリーの地域では、さらなる感染拡大抑制のために、的を絞った行政執行や罰金、教育を強化する。

レストラン、ジム、映画館などのリスクの高い場所では、追加の公衆衛生対策が必要となる。

なお、予防カテゴリーに分類されるには、地域の公衆衛生保険ユニットの1週間の罹患率が人口10万人あたり10~39.9件であること、検査陽性率は1~2.5%未満の間であることが条件。

●制限(Restrict):オレンジ色
このカテゴリーの地域では、拡大を遅らせるための対策や制限が強化。

なお、制限カテゴリーに分類されるには、地域の公衆衛生保険ユニットの1週間の罹患率が人口10万人あたり40~49.9件であること、検査陽性率は2.5から9.9%未満の間であることが条件。

また、制限カテゴリーでは、病院やICUの稼働率が上昇する。

●コントロール(Control):赤色
このカテゴリーの地域では、複数のセクターにまたがりより広範な措置と制限を実施。このフェーズは、修正されたステージ2に似ている。

このカテゴリーは、ロックダウン移行前の最も厳しいものとなります。

なお、コントロールカテゴリーに分類されるには、地域の公衆衛生保険ユニットの1週間の罹患率が人口10万人あたり100人以上であること、陽性率は10%以上が条件。

この段階では、病院およびICUのキャパシティが圧迫されるリスクがある。

●封鎖(ロックダウン)
コントロールカテゴリーの措置が実施された後も傾向が悪化し続ける場合、その地域は完全な封鎖状態に移行。

このカテゴリーでは重要でない事業をすべて閉鎖し、ステージ1またはステージ1以前に戻すことを意味する。

なお、各カテゴリーに入ると、28日間はその状態が維持されます。また、カテゴリー化することで、各段階においての制限基準が明確になり、事業主等はある程度経済再開への予測が立てやすくなるとのこと。

各カテゴリーや事業内容で異なる諸条件


完全なロックダウンカテゴリーを除き、学校や保育園はオープン予定です。

また、オンタリオ州での集会の人数制限は、個人的なイベントでは屋内10人・屋外25人のままとなっていますが、しっかりと組織化・管理化されたイベントでは、その地域が「コントロール(Control):赤色」段階に移行しない限り、屋内50人・屋外100人になる可能性があります。

なお、レストランやバー、スポーツやレクリエーションのフィットネス、会議やイベントスペース、小売店、パーソナルケアサービス、カジノ、ビンゴホールやゲーム施設、映画館、舞台芸術施設などの事業は各カテゴリーに対応した独自の対策を講じる必要があります。

例えば、以下のようなことが必要とされています。

●レストランやバー

【防止カテゴリ】では

-テーブルとテーブルの間は最低2mを確保。
-ダンス、歌、音楽の演奏は許可されるが制限あり。
-カラオケは可だが制限あり(個室不可もありうる)。
-顧客の連絡先を聞く。
-ビュッフェスタイルのサービスは不可。
-ナイトクラブはレストランまたはバーとしての営業のみ許可。
-会場外に並ぶ人/観客は会場が管理し、2mの距離とマスクなどが必要。
-飲食の場合を除き、顔を覆うこと。
-フェイスカバーを着用していない客が労働者から2メートル以内にいる場合は、目を保護。

【コントロールカテゴリー】では
前3カテゴリーの対策を含み、屋内の人数制限は10人へ。テイクアウト、屋外飲食、ドライブスルー、デリバリーは可。ダンスや金管楽器や管楽器を使ったライブは不可。

上記のように、各カテゴリーで業種ごとに対策が異なるため、詳細は州政府発表の「COVID-19 Response Framework:Keeping Ontario Safe and Open」でご確認ください。

Topへ