カナダのオーブンや計量カップは、日本と違う!料理で知っておきたい4つのこと

   
  

Popsicle Ingredients

カナダに来て一人暮らしやルームシェアを始めた方、主婦になった方・・

カナダで料理をする時に、困っていることはありませんか?

カナダのオーブンは「華氏(℉)」表示、そして計量カップの分量も日本と違うので、特に日本のレシピを使って料理をする時は、色々面倒ですよね。


今日は、カナダで料理をするなら知っておきたい4つの情報をまとめました!

1. カナダのオーブン:
摂氏(℃)から華氏(℉)への換算方法

Yum, Lasagna

日本のオーブンは摂氏(℃)表示ですが、カナダは華氏(℉)表示。
(気温や体温には、カナダでも摂氏を使うのですが・・)

摂氏→華氏の換算公式 は、(華氏温度) = 1.8 × (摂氏温度) + 32ですが、オーブンを使う度に計算はしていられません!

日本のレシピでよく使う、以下の3つだけでも頭に入れておくと便利です!
(5度単位で設定できるオーブンが多いため、5単位で丸めています)

180度(℃)= 355度(℉)
200度(℃)= 390度(℉)
240度(℃)= 465度(℉)

そして以下が、160〜230℃の摂氏・華氏の一覧です。
(5単位で丸めています)

摂氏 (℃) 華氏 (°F)
160 度 320 度
170 度 340 度
180 度 355 度
190 度 375 度
200 度 390 度
210 度 410 度
220 度 430 度
230 度 445 度

2. カナダのオーブン:
「Bake」と「Broil」を使い分けよう!


カナダに移住して随分経ってから、オーブンに「Broil」機能があることを発見!
それまでは、「Bake」ばかりを使っていました。

この「Broil」、使えます!!

「Bake」は、日本の一般的なオーブンと同じで周りから全体を焼く方法で、
「Broil」は、表面のみを焦がすように焼く方法です。

グラタンなどに焼き色を付けたい時にはもってこいの機能!!

Au Gratin Potatoes

ピザはBakeで焼いて、最後に数分だけBroilで焼くと、チーズが少し焦げて美味しくなります。
また、をBroilで焼くと、日本の魚焼きグリルで調理したようになります。

一般的にBroilは、「High」か「Low」の二つから温度設定を選べます。
Broilは焦げやすく、オーブンによっては「Low」でも非常に熱が強いので、調理中は度々焼き具合を確認することをオススメします。

3. カナダの計量カップ:
1カップは200mlじゃない!

Measuring Cup
カナダの計量カップと日本の計量カップは、1カップ分の分量が違うことをご存知でしたか?
特にお菓子作りでは、細かな分量が重要になってきますよね。
ぜひ覚えておきましょう。

●日本の計量カップ
1カップ = 200ml


●カナダの計量カップ
1カップ = 250ml

※ただし、お隣りのアメリカでは、1カップ=約240ml
カナダとアメリカでも微妙に違います。
私はカナダで計量カップを買いましたが、アメリカ産だったのか1カップ=約240mlになっていました。

4. カナダの計量スプーン:
日本の大さじ・小さじは、どれ?

Butter. Salt. Measuring spoons.

続いては、計量スプーン(a measuring spoon)についてです。
日本とカナダでは分量は同じ!

英語では、以下のように言います。

●大さじ table spoon=Tbs 15ml
●小さじ tea spoon=Tsp 5ml

カナダでは、こちらの写真のように計量スプーンが5本セットになったものが主流です。
measuring up 3

こちらの写真の場合、大きいものから

大さじ1 (1tbsp) = 15ml
小さじ1 (1tsp) = 5ml
小さじ1/2 (1/2tsp) = 2.5ml
小さじ1/4 (1/4tsp) = 1.25ml
小さじ1/8 (1/8tsp) = 0.625ml

となっています。


いかがでしたか?
計量カップの分量の違いなどは、言われるまで気づかなかった!という方もいるのではないでしょうか?

カナダでは日本とは違う食材も手に入るので、オーブンなどを使って、新しいレシピにも挑戦してみてください♪

Topへ