野球観戦大好きライターがオススメ!はじめてのトロント・ブルージェイズ観戦ガイド

   
  

9月に入り、トロントは朝晩中心に随分と過ごしやすくなってきました。

と同時にプロ野球、トロント・ブルージェイズの2016年シーズンは終盤に差し掛かり、より一層の盛り上がりを見せています。「ブルージェイズのことをよく知らない」という人でも、駅や地下鉄、レストランで青いユニフォームや帽子を身にまとった人々を見かけたことはあるのではないでしょうか?

ダウンロード

photo from Toronto Blue Jays

そこで今回は、「ブルージェイズを観戦したことが無いという人にもわかりやすく!」をテーマに、「そもそもブルージェイズって何?」「どうやって観に行けるの?」といった疑問にお答えしたいと思います!

 

トロント・ブルージェイズとはなんぞや!?

トロント・ブルージェイズは世界最高峰のアメリカのプロ野球リーグ、メジャーリーグベースボール(略称:MLB)に所属しています。

チーム名はオンタリオ州の州鳥でもある「Blue Jay」に由来します。MLBは現在全30球団で構成されていますが、ブルージェイズはアメリカ以外に本拠地を持つ唯一の球団です。

Bird

1977年に創立されたブルージェイズは、田中将大投手の在籍するニューヨーク・ヤンキース、上原浩治投手や田澤純一投手が在籍しているボストン・レッドソックスといった強豪ひしめくアメリカン・リーグ東地区に所属、2015年は22年ぶりの地区優勝を果たし、リーグ優勝決定戦まで進出しました!

これまでに通算4人の日本人選手が在籍していますが、中でも昨年までブルージェイズに在籍し、トロントで絶大な人気を誇っていた川崎宗則選手がプレーしていた球団として日本でも注目を浴びました。川崎選手の人気ぶりがわかる動画はこちら↓

ブルージェイズは今シーズンもここまで同地区首位に立っており(9月7日現在)、2年連続の地区優勝と23年ぶりのワールドシリーズ制覇に向けて戦っています。

 

ブルージェイズの本拠地、ロジャース・センターとは?

Rogers Centre swan
そんなブルージェイズが本拠地としているのがロジャース・センター(Rogers Centre)です。

トロントの象徴、CNタワーの真横に併設されており、世界初の可動式屋根付きドームスタジアムとして1989年に建設されました。晴れた日や昼間の試合では屋根が開放され、CNタワーを目の前に仰ぎながらの観戦はまさに絶景。

ユニオン駅から徒歩10分程度のアクセスの良さで、雨の日でも濡れる心配はありません。スタジアムにはホテルも併設されており、なんと客室から試合を観戦することも可能なんです!

 

チケットの購入方法3つ

Toronto Blue Jays Ticket (9/28/2013)

ブルージェイズの試合のチケット購入方法は大きく分けて次の3つが挙げられます。1つずつご紹介していきます。

ブルージェイズ公式サイトから購入

スクリーンショット 2016-09-08 午後6.46.43

ブルージェイズ公式サイトのチケット購入ページから直接チケットを購入することが出来ます。1試合のみの観戦であれば「Single Game Tickets」を選択、観戦したい日の試合と席種を選んで購入することが出来ます。こちらのサイトは英語のみとなり、購入後、チケットはプリントアウトする必要があります。

ロジャース・センターの自動販売機で購入

IMG_5614

ロジャース・センターの6ゲート付近に設置されている自動販売機で、前売り券を購入することができます。こちらも観戦したい試合と席種を選択して購入する方式で、チケットはその場で発券されます。9月6日に現地で確認したところ、支払いはクレジットカードのみ対応していました。

ブルージェイズ公式ショップで購入

IMG_5618

ダウンタウンにあるトロント・イートンセンター内にあるブルージェイズ公式ショップでも、チケットを直接購入することが可能です。店員さんに観戦したい試合を伝えると、席種や料金などについてわかりやすくアドバイスをしてくれます。
支払いは現金・クレジット共に可能。ショップ内にはブルージェイズグッズが豊富にラインナップされており、観戦前にグッズを購入したいという方にもオススメです。

どの席種がおすすめ?

seating_map_0204_635x613

photo from Toronto Blue Jays

ロジャース・センターは5万人以上収容可能な巨大スタジアムで、チケットの料金も20ドル程度から100ドルを超えるものまで様々。(対戦相手や曜日などによって変動あり)一般的にグラウンドに近いほどチケット料金も高くなります

「初めてのブルージェイズ観戦を手頃に楽しんでみたい!」という方にオススメなのはスタジアム上段のブルーの部分「500Lv」と呼ばれているエリアです。(上記図参照)

こちらは最も安い料金のエリアでグラウンドからは少し離れますが、スタジアム全体を一望でき、前述したCNタワーを間近に見ることも可能です。

IMG_4834

500Lvの座席から見えるCNタワー。絶景です!

MLBの雰囲気を味わってみたい友達とワイワイ楽しく観戦したいという方には是非オススメです。

 

野球のことはよくわからないんだけど・・・でも大丈夫!

「初めての野球観戦、野球のことは詳しくないんだけど・・・」という方でも大丈夫!ブルージェイズの試合ではそういった方でも楽しめるイベントが数多くあります。

Toronto Blue Jays Fans

■ 試合中にみんなで歌う企画
■ 大声を出してその大きさを測定する企画
■ 旅行券やパソコンなどの豪華景品が当たるプレゼント企画
■ その他各種ミニゲーム

などが試合中に定期的に開催されます。そういった試合以外でも楽しめるイベントの豊富さも、メジャーリーグ観戦の醍醐味と言えそうです。

 

まだ間に合う!9月に観戦可能かもしれない日本人選手

ブルージェイズ観戦のもう一つの楽しみが、対戦相手としてやってくる日本人選手の活躍を観戦出来るという点ではないでしょうか。

547888493157

photo from mlb.com

今年も今までに田中将大投手(ニューヨーク・ヤンキース)、前田健太投手(ロサンゼルス・ドジャース)、岩隈久志投手・青木宣親選手(シアトル・マリナーズ)、上原浩治投手・田澤純一投手(ボストン・レッドソックス)といった選手たちが対戦相手としてトロントにやってきました。日本から遠く離れた海外で活躍する日本人の姿から、元気をもらうこともたくさんあります。

そんな日本人選手達が、今月もトロントにやってくる可能性があります!日本人選手が在籍しているチームとの9月の対戦予定は以下のとおりです。

9月9日~11日 ボストン・レッドソックス(上原・田沢投手)
9月23日~26日 ニューヨーク・ヤンキース(田中投手)

運が良ければトロントで日本人選手の活躍がみられるかもしれませんね!

 

スポーツの秋は野球観戦で決まり!

いかがでしたでしょうか?この他スタジアム内では飲食も楽しむことが出来るので、友達や同僚、もちろん1人でも気軽にビールやフードを片手に野球観戦をすることが出来ます。

この秋、日本とは一味違う野球の本場メジャーリーグの雰囲気を是非、スタジアムで味わってみてはいかがでしょうか?

 

Topへ