2SLGBTQAI+の祭典!北米最大級のトロント・プライド・パレードが6月開催

  

世界的に6月はプライドマンスです。ここカナダ・オンタリオ州トロントでも、6月に入って既に様々なプライドイベントが開催されています。

LifeTorontoでも以前注目のプライドイベント5つを紹介しましたが、今回はプライドマンスで最も盛り上がるプライド・パレード(Pride Parade)について取り上げます!

 

2022年はついに対面で開催!トロントのプライドパレード(Pride Parade)について

トロントは、2SLGBTQAI+フレンドリーな都市です。2005年にカナダ全土で同性婚が合法化になりましたが、トロントのあるオンタリオ州は他の州に比べ最も早い2003年6月に合法化しています。

ちなみに、「2SLGBTQAI+」の意味を知らないという方も多いかと思います。以下を参考にしてみてください。

2S・・・two-sprit(男と女、二つの魂をもつ神から祝福された特別な人間であるという先住民の同性愛者観)
L・・・レズビアン
G・・・ゲイ
B・・・バイセクシャル
T・・・トランスジェンダー
Q・・・クィア or クエスチョニング(セクシュアリティのアイデンティティについて未確定の人)
A・・・アセクシュアル(性的欲求や恋愛感情を抱かないセクシュアリティ)
I・・・インターセックス(中間的な性を表す言葉。身体的性で男女両方の性別を持っている)
+・・・セクシャリティの多様性を表現。その他にも様々なセクシャリティがあることを意味している

そんなトロントで、コロナ禍が始まって以来ついに対面式のプライドパレードが開催されますよ!今年で41回目となり、開催日時は6月26日(日)2pm-6pm となっています。

トロントのプライドパレードは北米最大級の規模といわれていて、レインボー・フラッグのもと、当事者やその家族や友人・同僚のほか、観光客まで、人種・国籍に関係なく数え切れないほどの人々が集い、街中を闊歩し、沿道から声援を送り合います。

Pride Torontoのウェブサイトによると、2022年は、200人以上の団体と20万人以上が行進する予定というから驚きです。


photo from pridetoronto.com

気になるパレードのルートは、上の地図の通りブロアーストリートとチャーチストリートあたりから始まり、西へ向かい、ヤングストリートを南に曲がります。

当日は、パレードする人だけでなく、老若男女問わずたくさんの人がパレードを観にやってくるので、パレードをいい場所で観たい人は早めに場所取りをしておきましょう。

ちなみにイベントの主な目的は、セクシャル・マイノリティーの存在を社会に伝えること。そして、その独自のカルチャーを祝い・讃えることとなっています。

お祭り気分で楽しむのも全然良し!この機会にセクシャル・マイノリティーの存在について改めて学ぶのもよさそうです。

ということで、6月26日はセクシャリティの垣根を越えて、みんなで楽しみましょう!「まだプライドパレードを観たことがない」という方も、この日はぜひプライドパレードを観にお出かけしてみてください。

過去のトロントでのプライドパレードにはジャスティントルドー首相やオンタリオ州知事、トロント市長などが参加していて、今年はどんな顔が見られるのかも楽しみですね!

ハッピー・プライド!

Toronto Pride Parade 2022
開催日時:6月26日(日)2pm – 6pm
パレード始点: Bloor × Church Street
【公式サイト】

Topへ