• 一時帰国 WiFiインターネット

保存版!日本へ一時帰国、モバイルや WiFiインターネット準備まとめ【2018年版】

  

カナダ・トロントをはじめ海外に住んでいる皆さん!
日本へ一時帰国される際に、インターネットはどうされていますか?

最近、すごく多いこの手の質問が・・・

「日本でこちらのiPhoneやiPadを使いたいのだけど、どうしたらいい?」
「携帯でデータ通信したいのだけど、日本はWiFiあるの?」
「一時帰国している間にインターネットを使いたい」

それに

■ 日本の携帯は短期間の契約ができない
■ 留学やワーホリのために日本の携帯を解約してしまっており、新たな契約をするまでに時間がかかる
■ 街中には公衆電話がほとんどないため、携帯のない生活は本当に不便
実家や滞在先にWiFiインターネットがあったとしても、実際使いたいのは外出している時なんですよね。

もし、知らないでこちらから持っていった携帯のデータ国際ローミングなんて使ってしまったら・・・請求は○百ドル・・怖い。。。

そして、皆さんがクチを揃えて言うのが、

日本は・・・WiFiがない・・・あっても有料・・。

いちいち契約するわけにもいかないし、短期での滞在の場合なので携帯やスマートフォンも契約しづらい。

そういう時に便利なのがコレ ポケットWiFiレンタル。その名の通り、ポケットサイズのWiFiルーターです。

「インターネットを使うのはスマホだけでいい」という方はSIMカードもオススメです


BIGLOBE NINJA SIM

 

小さくてもとてもスグレモノ!!一時帰国に人気の Wi-Fi ルータとは

Wi-Fi ルータとは、以下の写真のようなちっさなマシンがインターネットに繋がっていて、WiFiを発信しているルーターそのものを指します。

なので、Wi-Fiルータさえ持っていれば、その周りのパソコンやiPhone, iPadやスマートフォンなんかが全て無線インターネットに繋がっている、ということです。

また、Wi-Fiルータは SIM カードと違って端末に差す必要がないため、端末が Wi-Fi にさえ対応していれば機種を問いません。

1台の端末で複数台につなぐことができるため、PC やタブレット、スマホなどを同時につないだり、友達も一緒に使ったりと、利便性が高いのが特徴です。初期設定は特に不要で、手に入れてすぐに使うことができます。

デメリットとしては端末を持ち運ぶ必要があるという点ですが、ルーター自体は最近では名刺サイズ (スマホよりもっと薄く小さい) ものもあり、バッテリーも実働で 10時間以上持つものも多いので、丸一日外に出ていても使えて、さほどデメリットとも言えません。
(順次拡大中のLTEエリアに加え、LTEエリア外では3G通信エリアに切り替わるため接続可能なエリアが広いです!)

そんなWiFiルーターを1日400円程度から、1ヶ月だと最安3,000円/月から借りられます。

縛りもなしで、いやホント便利。助かりますね。


※これが Wi-Fi ルータです。各社から様々なものが出ています。
一時帰国以外にも、海外からの観光客などを対象としてレンタルすることも可能!

 

Wi-Fiルータの一般的なレンタル方法は?

SkypeやLINE、FacebookやTwitter、当然メールや地図/路線検索。いまや、一時帰国の際の必需品といっても過言ではない Wi-Fiルータ。

実は、簡単にレンタルできます!なんと、滞在期間や使用日数にあわせて、オンラインで申込むだけ!

書類の手続きもないので、帰国前に事前に申し込んでおいて、Wi-Fiルータを受け取るだけでOKです。
最短で翌日!出張先や旅行先にも届けてくれます。)

また、配達希望日を実家やホテル、滞在先などの到着に合わせて手配してくれます。東京に滞在する方は、新宿にある支店でのピックアップもできますよ。

さらに、今回の記事でも紹介している WIFI-HIRE.COM なら、「成田空港」「羽田空港 国際線ターミナル」などにある空港カウンターでの受け取りが可能!

開始時の配送料は無料だし手続きは簡単!
返送キットや(日本らしいw)説明がついているので簡単、コンビニからササっと送るだけ、っていいですよね!



日本から海外に行くとき使える業界最安値のWiFiルーター。カナダ、トロント旅行でインターネットならグローバルWiFi
 

日本での滞在期間や利用期間にあわせて選べる オススメのWi-Fiルータレンタルサービス3つ

ここまで読んで、「Wi-Fiルータをレンタルしたい!」と思った方も多いはず。

でも、「どのWi-Fiルータが自分に一番向いているのか分からない」という方に、オススメの Wi-Fiレンタルサービスを3つご紹介します。

それぞれ特徴があるので、あなたに一番合ったものを選んでみてください。

※紹介しているWiFiルータは、全てカナダ在住者が一時帰国の時に実際利用して、よかったものだけをご紹介しています。詳しい保証の内容や細かい点、よくある質問などは上記の各サイトをご覧ください。

 

1. WiFiレンタルどっとこむ

特徴:
■ 一日単位でレンタル可能
■ 利用可能データ量10GBプラン: 1か月の場合 1日96円 / 30泊31日で 3,000円 / 1日のみ 1,300円
■ データ無制限プラン: 1か月の場合 1日136円 / 30泊31日で 3,000円 / 1日のみ 420円
■ 宅配 or 空港カウンターで受け取り・返却可能


WiFiレンタルどっとこむ

Wi-Fiルータの短期1日プランの場合、420円で借りることができるので、短期滞在の方に特にオススメ。また、10GBのプランを1か月利用する場合、1日あたりなんと96円という安さ!

「1日ごとの容量は無制限がいい」 「そんなにインターネットを使わないけど、万が一のときのために Wi-Fiルータを持っておきたい」という方にも対応したプランがありますよ。また、空港やコンビニで返却可能なので便利!

 

 

2.e-ca

特徴:
■ 一日単位でレンタル可能
■ 利用可能データ量10GBプラン: 1か月の場合 1日100円 / 29泊30日で 3,000円 / 1日のみ 1,500円
■ データ無制限プラン: 1か月の場合 1日135円 / 29泊30日で 4,060円 / 1日のみ 410円
■ 宅配 or 空港カウンターで受け取り・返却可能+ポストで返却も可能
■ 事前連絡無しでレンタル期間の延長可能


モバイルルーターを1ヶ月単位でレンタルe-ca

e-caの10GBプランなら、一日当たりなんと 100円(29泊30日で 3,000円)で借りることができます。
そして、短期1日プランでも 410円からと良心的価格。

また、Wifiレンタルどっとこむの場合は返却が宅配 or 空港返却なのですが、e-ca ならさらにポスト返却が可能!Wifiレンタルどっとこむより返却方法の幅があるのが特徴です。

さらに、一時帰国は約2~3週間の滞在が多いとよく聞きますが、突然「滞在予定期間が延びてしまった!」というときでも大丈夫。e-caなら、事前連絡無しでレンタル期間の延長ができますよ。

 

3.WIFI-HIRE.COM

特徴:
■ レンタル期間が長くなるほど安い料金プラン
■ 1ヶ月間(30日間)のレンタルなら1日450円でレンタル可能
■ 無制限データ利用可能
■ 英・中・日対応のオペレーターが24時間サポート
■ 宅配 or 空港カウンター or 新宿カウンターで受け取り・返却可能
■ 事前連絡無しでレンタル期間の延長可能


3日間からのプランWiFi-HIRE.com

WiFi-Hire.comの特徴はレンタル期間が長くなれば長くなるほど料金が安くなるところです。
3日間から45日間のプランまであり、45日間レンタルした場合、1日当たりの料金は 411円になります。

また、通信制限無しなので、動画やゲーム、大容量のファイルダウンロードの多い方でもデータ通信料を気にせず利用可能。
下り最大75Mbps、上り最大25Mbpsの高速通信だからストレスなくインターネットを使うことができます!

さらに、e-caと同じく申告不要で1日単位の自動延長が可能なので、「急に1日だけ滞在が伸びてしまったけど・・・」というときも安心ですよ。

レンタル Wi-Fi ルータの料金

WIFI-HIRE.COM の料金プランは期間で区切られており、どちらの機種でも料金は同じです。
利用開始から返却までの日数に合わせてプランを選んでみてください。月をまたいでの利用も、もちろんOKです。
※プランの追加延長は可能ですが、短縮はできないので、ご注意ください。

レンタル日数 レンタル料金 レンタル日数 レンタル料金
1~3日間 2,680円 4日間 3,480円
5日間 4,180円 6日間 4,880円
7日間 5,580円 8日間 6,280円
9日間 6,980円 10日間 7,680円
11日間 8,280円 12日間 8,880円
13日間 9,380円 14日間 9,780円
15日間 10,380円 16~20日間 11,800円
21~25日間 12,800円 26~30日間 13,500円
31~45日間 18,500円
空港手数料 端末受取時 ¥540
端末返却時 ¥540
送料 購入時宅配便送料 ¥540
お客様返送料 ¥540
延滞料金 1日 ¥1,080/日

LTE の高速通信対応でバッテリーも長持ち!これがWIFI-HIRE.COMの対応機種だ!!
Wi-Fi WALKER LTE

  • 4G LTEと公衆Wi-Fi接続対応による超高速通信
  • 下り最大75Mbpsの超高速通信です。4G LTEエリア外でも3G通信に自動で切り替えます。
    さらに公衆Wi-Fi接続機能でau Wi-Fi SPOTにもアクセス可能。
    電波環境に応じて最適なネットワークを自動選択。

  • 長時間利用できる大容量バッテリー&急速充電
  • 3000mAh大容量バッテリーを搭載。 4G LTE連続通信約9時間が可能です。
    付属の専用ACアダプタなら約3時間での急速充電が可能となり、充電時間が大幅に短縮できます。


    Ymobile Pocket WiFi LTE

    • 長時間利用できる大容量バッテリー
    • 3,560mAhの大容量バッテリーを搭載。
      バッテリーの大型化に伴い、連続通信時間は最大約12時間(LTE)を実現しました。
      外出先でもバッテリーを気にせず安心してご利用いただけます。

    • コンパクトで持ち運びやすい名刺サイズ
    • 持ち運びが快適な、名刺サイズのコンパクトボディを実現。
      このデザインは、デスクの上でもカバンの中でも邪魔にならず、存在感を忘れてしまいます。

    • みんなで同時につながるから便利
    • 最大10台までのWi-Fi対応機器に加え、USBケーブル接続でさらに1台の機器と同時接続できるので、接続台数を気にせず使用できるからとても便利です。
      また、ゲーム機も接続できるので、友人とオンラインで対戦・協力プレイを楽しむことができます。
       

       

      実際にWIFI-HIRE.comを利用してみたときの流れを解説!

      ここで実際に、WIFI-HIRE.com で WiFiルータをレンタルしてみたときの一連の流れをご紹介します。

      1. 申し込み

      申し込みは公式サイトからしました。
      Wi-Fi ルータの種類、受け取り・返却したい場所、利用したい期間、クレジット情報を入力します。

      2. Wi-Fi ルータの受け取り、利用開始


      Wi-Fi ルータは宅配便で日本の自宅や滞在先のホテルなどで、
      または成田・羽田・中部・関西・福岡・千歳の各空港のカウンターで受け取ることもできます。
      ルータと付属品一式はポーチに入っていましたよ。

      受け取った時点からすぐに使うことができました!

      Wi-Fi ルータにネットワーク名とパスワードが書かれています。
      ルータの電源を入れた後、パソコンやスマホからそのネットワークにつなぎ、パスワードを入力すると、すぐにインターネットを利用できます。

      3. Wi-Fi ルータの返却

      返却も宅配便または空港のカウンターで可能。便利!

      a. 宅配便の場合は、佐川急便またはヤマト運輸が利用できます。

      パッケージに同梱されている返送用の着払い伝票をご利用下さい。

      この場合は、

      • 宅配便の営業所へ持ち込む
      • 集荷に来てもらう
      • ヤマト運輸の場合は、コンビニまたは空港内のヤマト運輸の営業所への持ち込み

      という発送方法があります。

      b. 空港カウンターの場所と営業時間はこちらです。

      空港カウンターでは、営業時間外でも返却BOXが利用できます。その場合の返却日は前日のカウントとなります。
      ※空港カウンターで返却する場合は専用のポーチが必要となるため、事前の申し込みが必要となります。ポーチがない場合は空港での返却はできないのでご注意下さい。

      どちらも手数料は540円かかります。

      その他詳細は公式サイトをご覧下さい。

      4. 領収書発行
      端末が WIFI-HIRE.COM へ到着した時点でオンラインでの領収書が発行され、手数料を含めた金額を確認できます。


       

      最後に:3G や LTE って何? Wi-Fi で使われる通信方式をまとめてみた

      「LTEは3Gよりすごい」と言いますが、あなたはその違いを知っていますか?LTE、3Gという言葉は、携帯電話の通信方法のことを指します。

      また、携帯電話や携帯端末の通信の話になると、他にも「4G」「Wi-Fi」「WiMAX」と、いろいろな言葉があって混乱しませんか?

      どれも似たように聞こえますが、以下のように、違う分野の言葉が混ざっています。最後にそれぞれの違いをまとめてみました。

      携帯電話の世代の名前

      「3G(第三世代)」「4G」
      3Gや4Gは携帯電話の進化を指しています。Gは世代(Generation)のGですね。つまり、3Gは第三世代、4Gは第四世代という意味です。

      ■第三世代(3G)
      高速化して、テレビ電話や動画の利用もできるようになった携帯電話。

      ■第四世代(4G)
      3Gよりさらに高速通信が可能になった携帯電話。

      携帯電話の通信方式の名前

      「3G(3G回線のこと)」「LTE」

      LTE は 3Gを「長期的に進化」(Long Term Evolution)させたもので、スマートフォンや携帯電話などで使われる新しい高速モバイル通信技術の名称です。

      3Gと4Gの中間に位置する規格ということで 3.9G と言われることもありますが、最近では4G(第4世代)に含めてもよいという事になっています。

      「LTE」と比較される場合の「3G」は、「3G回線(第三世代の携帯電話が使用している通信方式)」のことを指します。

      無線通信の名前(携帯電話に限らない)

      「Wi-Fi」「WiMAX」

      「Wi-Fi」と「WiMAX」は上記とはまた別の技術です。

      「Wi-Fi」とはいわゆる無線LANのことで、Wi-Fiに対応している機器同士は、無線で通信できます。Wi-Fiはインターネットのことではありませんが、インターネットに接続されている機器とWi-Fiで通信できれば、インターネットにつなげることもできます。

      「WiMAX」はWi-Fiよりも広いエリアの無線通信で、比較的新しい、高速ワイヤレスインターネットの技術です。携帯電話の第三世代(3G)や第四世代(4G)でも、WiMAXに対応している機種があります。

      ということで、カナダ・トロントだけでなく、他の海外滞在者の皆さんが一時帰国される時に参考にして頂いたら嬉しいです。

      しかし、インターネットだけでなく携帯はもちろん、ベビーカーのレンタルだったり、最近は様々な海外在住者が帰国する際のサービスがありますね。

      LifeTorontoでも、ぜひこういったサービスをご紹介していきたいと思いますので、実際に利用して便利だった!というような声があれば、ぜひ教えてくださいね!

      カナダ人や英語の方が日本に行くときは・・こちら。


      http://wifiinjapan.com/

      この内容や説明を英語でも書いてあるサイトです。お友達や知り合いで英語のみの方が日本に行く時は、このアドレスを教えてあげてくださいね。
      よかったらFacebookでもシェアしてあげて下さい。

      ※こちらに書いてある情報は各会社のウェブサイトを参考にしていますが、予期せぬ情報の変更もございますので、必ず各ウェブサイトもご確認ください。

Topへ