• 地下街PATHの歩き方

【トロントの巨大ダンジョン】世界最大の地下街、パス(PATH)歩き方ガイド

  

Path サイン

駅の改札を抜けると現れる巨大なダンジョン「地下街」

日本にも東京の新宿駅や、大阪の梅田駅などに巨大な地下街がありますが、ここカナダにもモントリオールとトロント、2つの巨大地下街があるのをご存知ですか?
カナダ東部などの雪が多い地域は、外に出ることなく色んな所にアクセスできるのでとても便利です。特にトロントの地下街「パス(PATH)」は、世界最大の地下街としてギネスブックに登録されているんです!!

※ ダンジョンとははもともと「地下牢」の意味ですが、大阪の梅田駅や東京の新宿駅の地下街のように、迷いやすい場所のことを比喩的意味で「ダンジョン」と呼んだりします。
参照: Togetter – 梅田ダンジョンWikipedia – ダンジョン

そこで今回はそのトロントの巨大地下街、PATHについて紹介します!

1. 世界最大の巨大地下街、PATHとは

歴史

PATHは、1900年に当時ヤング・ストリート(Yonge St.)にあるT.イートン社のデパートの本館と別館をつなぐために作られたのが始まりです。1917年までに、ダウンタウンの中心部に5つの地下通路があり、1927年にユニオン駅が開業すると、1つの地下通路がロイヤル・ヨーク・ホテル(現在のザ・フェアモント・ロイヤル・ヨーク)に接続されました。

100年以上もの長い歴史をかけて、これほどまでに大きい地下街になったんですね~!

PATH 歴史

1900年、イートンズにつなげる最初のトンネルを作っているところ

photo from William James via City of Toronto

大きさ

PATH 大きさ
photo from TorontoPATH

先ほども述べたように、PATHは、世界最大の地下街としてギネスブックに登録されています。その大きさは、

  • 全長30km371,600平方メートルもの面積。
  • およそ1200軒の施設に、5000人が働いている。
  • 毎日の利用者数は20万人を超える。
  • 50棟以上の建物/オフィスタワー、20の駐車場、6つの地下鉄駅、8つの主要ホテル、鉄道ターミナルなどがPATHと接続されている。
  • カナダ・エドモントンにある北米最大、世界で10番目の規模を持つショッピングモール、「ウェスト・エドモントン・モール」に匹敵する大きさ

という凄まじいもの!ダウンタウンの主要スポットや、さらにはオンタリオ湖周辺にも、外に出ることなく行けちゃうんです!

2. PATHとつながっている地下鉄駅

PATHマップ
photo from TorontoPATH

上記のマップでもお分かりのように、TTC地下鉄駅、ヤング-スパダイナ線(Yonge – Spadina Line)Uの字の内側にエリアが集中しています。オズグード駅はフォー・シーズンズ・センター止まりなので省きます。将来的には地下通路が開通するようです。)

  • ダンダス駅
  • クイーン駅
  • キング駅
  • ユニオン駅
  • セント・アンドリュー駅

これらの駅のほとんどが金融街(Financial District)のオフィスビルに直結しているので、通勤時間やランチタイムにはたくさんのオフィスワーカーでにぎわいます。

主な施設はオフィスビル内にある会社の営業時間に合わせて営業しているので、土日、祝日はレストランやバー、観光施設などを除いてほとんどが閉店しており、非常に閑散としています。お出かけの際には注意してください。

主なお店、サービス

  • フードコート
  • カフェ
  • レストラン・バー
  • スーパー・コンビニ
  • 美容院・ネイルサロン
  • 病院
  • ホテル

このように、生活に欠かせない様々な施設が揃っており、まるで一つの街のようになっています!また、劇場、観光スポットなど、トロント・ダウンタウンの主要スポットにもPATHを使ってアクセスできます!

PATHお店

ということで、ここでPATHで行けるおすすめスポットを6つ紹介します!

3. PATHで行けるおすすめスポット6つ!

CNタワー/ロジャーズ・センター/リプリーズ水族館周辺

CN Towerさん(@cntower)がシェアした投稿

主なルート
ユニオン駅(VIA鉄道・GOトランジット)→スカイウォーク

まずはここ!皆さんおなじみCNタワーは、トロントのシンボルとして有名ですね!ロジャーズ・センター、リプリーズ水族館も隣接しています。
ユニオン駅(VIA鉄道・GOトランジット)のメインエントランス、グレートホール(Great Hall)にあるスカイウォーク(Skywalk)から行けます。

CNタワー
301 Front St. W [地図]
公式Webサイト

ロジャーズ・センター
1 Blue Jays Way [地図]
公式Webサイト

リプリーズ水族館
 288 Bremner Blvd. [地図]
公式Webサイト

ロイ・トムソン・ホール

Jan Strachさん(@strach.jan)がシェアした投稿

主なルート
セント・アンドリュー駅

独創的な形をしたコンサートホール。トロント交響楽団とトロント・メンデルスゾーン合唱団の本拠地でもあります。セント・アンドリュー駅西側の大きなドアを開けて、スロープを下ったところにある通路から行けます。

ロイ・トムソン・ホール
60 Simcoe St. [地図]
公式Webサイト

トロント・イートン・センター

主なルート
クイーン駅・ダンダス駅直結

トロントのダウンタウン最大のショッピングモール、イートンセンター。クイーン駅、ダンダス駅と直結しています。クイーン駅からは大型百貨店、ハドソンズ・ベイ(Hudson’s Bay)ともつながっています。

トロント・イートン・センター
220 Yonge St. [地図]
公式Webサイト

ホッケーの殿堂(Hocky Hall of Fame)

主なルート 
ユニオン駅(TTC)→ブルックフィールド・プレイス
キング駅→コマース・コート→ブルックフィールド・プレイス など

ブルックフィールド・プレイス(Brookfield Place)内にある観光名所。フードコートそばに入り口があります。またフードコート内の階段・エスカレーターで上に行ったところの、ガラス張りの天井が美しいアレン・ランバート・ギャラリア(Allen Lambert Galleria)にも入り口があります。

ホッケーの殿堂(Hockey Hall of Fame)
30 Yonge St. [地図]
公式Webサイト

ブルックフィールド・プレイス
181 Bay St. [地図]
公式Webサイト

エア・カナダ・センター

主なルート
ユニオン駅(地下GOトランジット)→エア・カナダ・センター

ホッケー、NBAの試合や大規模なコンサートが行われるエア・カナダ・センター(通称ACC)にもPATHで行けちゃいます!新しくできたユニオン駅地下コンコース内とつながっています。このあたりは2018年5月現在改装中のため、標識も見当たらず、非常にわかりにくくなっているので注意!

エア・カナダ・センター
 40 Bay St. [地図]
公式Webサイト

トロント・ドミニオン・センター

Ian Toddさん(@itodd18)がシェアした投稿

主なルート
ユニオン駅(TTC)→ロイヤル・バンク・プラザ→TDセンター
キング駅→コマース・コート→TDセンターなど

トロントで著名な高級レストラン、カヌー(Canoe)やバイマーク(Bymark)があるこのトロント・ドミニオン・センター(通称TDセンター)。6つのタワーに分かれており、在トロント日本国総領事館もこのビルのノースタワー(North Tower)の33階にあります。

トロント・ドミニオン・センター
King and Wellington Streets [地図]
公式Webサイト

カヌー(Canoe)
66 Wellington St.[地図]
公式Webサイト

バイマーク(Bymark)
66 Wellington St.[地図]
公式Webサイト

4. 実際にPATHの中を歩いてみた

ここで、自他ともに認める方向音痴の私が、メトロホールからCNタワー、そしてイートンセンターまで、PATHを実際に歩いてみました!


メトロホールからロイ・トムソン・ホールにつながる通路を抜けて、セント・アンドリュー駅に向かいます。通路のガラス窓からはロイ・トムソン・ホールが見えます。
ロイトムソンホール

セント・アンドリュー駅から121 King Street Westの標識があるドアを抜けて真っすぐ歩き、TDセンターへ。

  • セント・アンドリュー駅
  • TDセンター

ウェリントン・ストリート(Wellington Street)と書かれた標識のあるドアを開けエスカレーターを降りると、ロイヤル・バンク・プラザにたどり着きます。ロイヤル・バンク・プラザの入り口には、親切にUnion Stationの文字が書いてあります。

  • TDセンターからロイヤル・バンク・プラザ
  • ロイヤル・バンク・プラザ

ひたすら真っすぐ歩き、コスメショップMacの横を通り抜けると、ユニオン駅に着きました。

ユニオン駅

VIA鉄道乗り場のグレートホールに向かうも、工事中のためバリケードに沿って違うルートで行くことに。
新しくできた地下コンコースにそっていくと、改装されたGOトランジットの乗り場に来てしまいました。

あれ?グレートホールは・・・どこ・・・?

GOトランジット乗り場

さっそく迷子になってしまいましたが、気を取り直して来た道を戻ったところにある階段を上ると、グレートホールに出れました。

ユニオン駅グレートホール

リプリーズ水族館(Ripley’s Aquarium)の標識に沿って行くと、スカイウォーク(Skywalk)に行けます。ここからピアソン空港までをつなぐ特急列車、UPエクスプレスにも乗れます!

スカイウォーク

道なりに進むと、ご存じCNタワーの目の前に出ました!リプリーズ水族館やロジャーズ・センターもあります。

CNタワー
リプリーズ水族館

ユニオン駅まで戻り、ブルックフィールド・プレイスへ。フードコートのそばに、ホッケーの殿堂の入り口があります。

ブルックフィールド・プレイス
ホッケーの殿堂

コマース・コート、スコシア・プラザを抜けて、ベイ・アデレード・センターへと向かいます。

ベイ・アデレード・センター

そのまま、また真っ直ぐ歩くとハドソン・ベイ・カンパニーへとたどり着きます。
そして突き当りを曲がっていくと、Subwayの文字!クイーン駅につきました。

クイーン駅

クイーン駅に入り、イートンセンターの標識が書かれたドアを開けると、

イートン・センター

ようやく着きましたー!イートンセンター!ここまで1回も外に出ることなく(CNタワーは除く)行くことができました!


今回歩いたのは、私の感覚が正しければこのマップの青線のルートになります。

PATHマップルート
photo from TorontoPATH

5. 歩いてみた感想

標識がとにかく分かりにくい!!

PATH標識

写真のように、どのオフィスビルに行けるかまでは表示されているのですが、どの駅方面に向かうかなど詳しいことまでは書かれていないので、非常に分かりにくく迷いやすいです。
ただ、ようやく最近新しい標識ができて、その問題点も改善されつつあるようです。

新しい標識が設置されているのは、まだ一部の箇所だけのようなので、これから全部の標識が早く新しくなるように期待したいところです。

買い物や食事をするときに非常に便利!

ファースト・カナディアン・プレイス フードコート
photo from TorontoPATH

各オフィスビルにそれぞれフードコートがありますし、至る所にショップやATMがあるので、通勤、退勤時などにちょっとお買い物!なんてことも簡単にできるのでほんとうに便利だと思いました。

というわけで、いかがでしたか?この巨大地下街PATH、将来的にまだまだ拡大していくようです。一体どこまで大きくなるのか、目が離せません!

みなさんもこの巨大ダンジョンPATHを歩き回ってみましょう!ただし迷子にならないように注意してくださいね〜!

Topへ