遠足気分でへ行こう!一度は行きたいトロント周辺を巡る日帰りバスの旅6選

  

トロント周辺には、日帰りで楽しめるスポットやイベントがたくさんあります。でも、車がないと行きにくいところも。
そこで、利用したいのがバスツアー

まるで遠足に行くような、ワクワク感
が楽しめるのもバスツアーの魅力のひとつですね。

今回はH.I.S.トロント支店さんが提供している日帰りバスツアーの旅の中でも、これからの季節におすすめのスポット3つと、出発日1日限定のお祭りイベント3つ、ピックアップしてご紹介します。

トロント周辺のこの季節おすすめ3つ

まずは、季節限定のおすすめ日帰り旅行3つをご紹介します。

映画のシーンのような風景の中へ
(1)「サウザンアイランド」クルーズ


photo from 1000 Islands Cruises Gananoque Boat Line via Facebook

サウザンアイランドは、その名の通り、1000以上の小さな島々が点在するオンタリオ州の名景勝地。皆さんご存知、「サウザンドレッシング」の語源となった場所でもあります。
いくつもの小さな島には、ロマンティックなお城やコテージが建っていて、まるで映画のワンシーンに飛び込んだような風景が広がります。

↓クルーズのハイライトとなるボルト城はアメリカのNY州になります。

この旅では、トロントからガナノクエという場所へ向かい、湖畔でランチや散策をして、船に乗って2時間半ほどのクルーズを楽しめます。
無数の小島に建っている素敵なコテージを眺めたり、国境の橋を通ったり、優雅な一日を過ごします。

普段なら車で2時間半ほど運転しなければいけない場所ですが、バスツアーで行けば運転しなくていいので、現地でワインやビールを楽しめるのも、家族連れのお父さんは特に嬉しいですよね。

お土産にはもちろん、サウザンアイランドドレッシングがオススメです。

このクルーズは冬はやっていないので、この夏にぜひ!

大人1名ツアー費用 CA$230
催行日:7/8,7/22,8/12,8/26,9/9
【日付限定】トロント発着:日帰りサウザンアイランドクルーズ

カナダの自然とアートを一緒に楽しむ
(2)アーティスト集団「グループ・オブ・セブン」に出会う旅

次におすすめしたいのが、カナダの絵画史上最も重要なアーティスト集団と言われる、グループ・オブ・セブンの作品を見に行く旅。

グループ・オブ・セブン

グループ・オブ・セブンは、1920年代から1930年代にかけて、カナダの画壇に新風を巻き起こした画家集団で、1920年に7人の画家が集まって展覧会を開いたことから、この名がつけられた。その時のメンバーは、フランクリン・カーマイケル、ローレン・ハリス、A.Y.ジャクソン、フランク・ジョンストン、アーサー・リズマー、J.E.H.マクドナルド、フレデリック・ヴァーリーの7人。カナダの絵画史上、最も重要なアーティストたちとも言われる。
引用:カナダ・シアター「グループ・オブ・セブンの画家たち」軍司達男

ヨーロッパのポスト印象派の影響を受けて、それぞれ独特な手法でカナダの雄大な風景を描いたグループ・オブ・セブンのアーティスト達。
このバスツアーでは、彼らの作品を多く所蔵している2大美術館を訪れます。


photo from McMichael Canadian Art Collection

1つ目の美術館は、マクマイケル・カナディアン・アート・コレクション
トロントから車で45分ほどの場所にあるこの美術館は、個人では訪れにくい場所なので、ぜひこの機会を利用して行ってみて欲しいスポットです。

ここには、ロバート・マクマイケル氏(1921~2003)が個人で収集したカナダのアート作品が展示されてあり、マクマイケル氏と親交のあったグループ・オブ・セブンのアーティスト達の作品も多く展示されています。
美術館の建物はもともとマクマイケル夫妻の住宅だったものを、1965年にオンタリオ州政府に収蔵品を建物や土地ごと寄贈したものです。住宅として建てられた当初から7倍に増えた美術館敷地の森の中には川や遊歩道があるので、カナダのアートを感じながら散策するのもおすすめです。


photo from McMichael Canadian Art Collection

2つ目に訪れるのは、トロントのダウンタウンにあるオンタリオ美術館。通称AGO。
カナダ有数の美術館であるここには、世界中の著名なアート作品8万点が収蔵されています。

オンタリオ美術館は、1920年にグループ・オブ・セブンが初めての展覧会を開催し鮮烈なデビューを飾り、それから解散するまでの十数年の間、多くの作品発表を行った場所です。

トロント出身の有名建築家による美術館の建築デザインも見応えのあるものなので、ぜひこの空間も味わってくださいね。

2つの美術館を訪れて、丸一日アートを楽しめるのもバスツアーならでは。
アート好きさんでなくても、カナダの文化を知る日帰り旅としてぜひ参加してほしいツアーです。

グループ・オブ・セブンについて更に知りたい方は、H.I.S.さんのデジタルパンフレットも参考に!↓

大人1名ツアー費用 CA$200
催行日:7/14・28,8/18,9/1
【トロント発】~ぶらり気ままにアートな休日~

人生のインスピレーションを得よう
(3)赤毛のアン作者の半生をめぐる旅

カナダを代表する名文学「赤毛のアン」。読んだ人も読んでいない人も、一度参加して欲しいのが、作家モンゴメリの半生を巡るバスツアー。モンゴメリ研究家の梶原由佳さんがこの旅に同行して、モンゴメリについて解説をしてくれます。

このバスツアーでは、「赤毛のアン」作者モンゴメリを訪ねるカナダ東部旅でもご紹介した、モンゴメリが結婚後の半生を過ごしたリースクデールを訪れます。

ここには、牧師である夫ユーアン・マクドナルドとモンゴメリが働いた教会と家族で暮らした牧師館があり、その住まいはモンゴメリ記念館として一般公開されています。

旅の最後には、「赤毛のアン」初版本などの貴重な書籍類が収蔵されているリリアン・H.スミス図書館も訪れます。

ここでは図書館職員である梶原さんの案内で、通常は見ることができない作品を特別にみる事ができます。

女性が職業を持つことが珍しかった当時、カナダで初めて成功した女性作家、モンゴメリの人生に触れるこの旅は、
現代の私たちにとっても、人生を力強く生きるヒントや勇気を与えてくれるものになると思います。

モンゴメリの人生に触れる旅については↓の過去の記事も参考にしてくださいね。

1日限定出発のお祭り3つ ※英語ガイド

最後の3つは、1日限定のバスツアーです。オンタリオらしい季節を楽しむお祭りに行きます。

紫色の広大な畑の中へ
(4)プリンスエドワードカウンティ・ラベンダー祭り
※英語ガイド


7月7日出発限定(日が迫っているのでお早めに!)
プリンスエドワードカウンティで開催されるラベンダーフェスティバルへ行くバスツアー。
一面に広がるラベンダー畑は、まさにインスタ映えするスポット。ここでランチやワインのテイスティングを楽しんで、帰りはショッピングをして帰ります。

ナイアガラ・オン・ザ・レイクの夏の名物
(5)ピーチフェスティバルツアー ※英語ガイド


8月11日出発限定 
毎年この時期にナイアガラ・オン・ザ・レイクで行われるピーチフェスティバルへ行きます。
その後は、ボタニカル・ガーデンにて季節の花々が咲き誇る庭園を楽しんで、農園では旬のフレッシュなオンタリオ産のピーチをお土産にどうぞ。

秋の味覚をたっぷり収穫
(6)クランベリーフェスティバル  ※英語ガイド


10月13日出発限定 
秋に旬になるクランベリー畑へ行き、圧巻の収穫風景を見学に行きます。クランベリー畑一面に張られた水に浮かぶ真っ赤なクランベリーの幻想的な風景は、北米の秋の風物詩。
その後はワインのテイスティングを楽しんだり、クランベリーフェスティバルでのイベントを見たり、マーケットでお買い物をして帰ります。

H.I.S.トロント支店へお問い合わせ


これらのバスツアーは、H.I.S.トロント支店さんで随時申込みを受付けていますので、トロントから足を伸ばして小旅行したい方は気候のいい時期にぜひ参加してみてください。

ちなみに現地の方でもしご家族や友人が日本から遊びに来る時に「仕事や学校のスケジュールで一緒にいられない日が!」という時にも、
ご家族や友人も安心して参加してもらえるツアーとして、申し込んであげるというのもオススメですよ!
(LTスタッフはそういった困った時にも利用させていただきました)

H.I.S.トロント支店 お問い合わせフォーム

お名前 (必須) :

メールアドレス (必須) :

メールアドレス (確認用) :

希望するトロント周辺日帰りバスの旅をチェックしてください。(複数可) 
サウザンアイランド・クルーズアーティスト集団「グループ・オブ・セブン」に出会う旅赤毛のアンの作者の半生をめぐる旅プリンスエドワードカウンティ・ラベンダー祭りピーチフェスティバルツアークランベリーフェスティバルその他の日帰りバスツアーを知りたい

 

その他ご相談内容:

 

 

(免責事項)必ずご確認ください。
LifeTorontoでは上記でご案内した内容について判断の保証をするものではありません。また、ここで入力された内容については H.I.S. CANADA INC. へ直接送信されます。入力頂いたメールアドレスへ確認のメールが送信されますのでご確認下さい。もしメール届かない場合、1週間経過しても返信がない場合はアドレスの入力ミスなどが考えられます。もう一度確認の上、入力下さい。

 

H.I.S.トロント支店 場所・連絡先

営業時間】月~金 9:00~18:00 【休業日】土曜・日曜・祝日 
【住所】Lobby Level Sheraton Centre Toronto Hotel 123 Queen St W unit G52 Toronto ON M5H3M9 (シェラトン センター トロント ホテル内)
【電話】 416-216-0937 /フリーダイヤル 1-860-447-8687

Topへ