【日本のTwitterでも話題】カナダ人のユーモア炸裂!雪で作った車が駐車違反に!?

   
  

まずはこちらをご覧ください。

お気付きでしょうか?

車が雪に覆われている?違うんです。

実はこれ、雪で出来た等身大の車のレプリカ

こちらを作ったのは、モントリオールに住むアーティスト、Simon Lapriseさん。(L.S.D Laprise Simon Designs)

雪かきをしようとしたところ、とても良い天気だったこともあり、「ちょっとしたジョークをしたくなった」と語るSimonさん。

この日のモントリオールは、数日前からの豪雪で36cmもの雪が積もっていました。
Simonさんにとっては、すばらしい材料が無料でそこらかしこに積もっている状態だっだそうです。

そうして雪山をかき分けながら完成させたオブジェクトがこちら。

ちなみにこのオブジェクトは、映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー(Back to the Future)』に登場するデロリアン DMC-12(DeLorean DMC-12)をイメージして作ったそう。

photo from Back to the Future

その後、Simonさんのオブジェクトの前に現れたのは、なんと警察!
駐車禁止の除雪エリアに車が停まっていると思ったのだそうです。

なんか見てる…。(いや、さすがにレプリカだって気づくでしょ。)

しばらくして警察が立ち去ったあと、Simonさんが雪像に近づくと、なんとそこには駐禁切符が!!(ウソやん!)

その実際の写真がこちら↓↓↓

こちらの文面にはこう書かれています。

”You made our night!!! hahahahahaha :)”
(君のおかげで良い夜になったよ!!ははははは ^_^)

*書かれていたのはフランス語です。

なんと、雪のレプリカだと気づいた警察官が、そのジョークに返事をするために駐禁切符を置いていったのです!!

なんともカナダらしいユーモア溢れた計らいですね。

そして、さらにこちらのニュース、Global Newsで紹介されるほど、話題を呼びました。

また、こちらのユニークな出来事は、日本のTwitterにも登場!
ツイートされるやいなや、なんと、イイねが4.8万以上・リツイートは3万以上(2018年1月24日現在)のバズっぷり!!

大雪にも挫けることのない精神は、まさにカナダ人ならでは!?
こんな風に過ごせるなら、雪の日も悪くないかもしれないですね〜。

Topへ