トロント・ダウンタウンすぐの空港から、新たに3都市へ直航便!(片道18分〜)

   
  

トロント中心部から最も近い空港「ビリー・ビショップ・トロント・シティー空港(YTZ)」から、新たにオンタリオ州3都市への便が出ることが決定しました。


 
ビリー・ビショップ・トロント・シティー空港(Billy Bishop Toronto City Airport)“アイランド空港”とも呼ばれ、トロントのダウンタウンから地下通路で歩いて行くことができる、トロント島にあります。

ダウンタウンへのアクセスがしやすいことから、カナダ・アメリカ東部の主要都市への旅行や出張などに使われています。

今日は、新ルートと各都市の名所、そしてビリー・ビショップ・トロント・シティー空港へのアクセス方法をご紹介します。

新ルート3つはこちら!

そして今回、新たに加わることが決定した路線がこちら!

・トロント〜キッチナー/ウォータールー
 (Toronto〜Kitchener-Waterloo)
 2017年11月6日開通 飛行時間18分・予約可

・トロント〜バリー
 (Toronto〜Barrie)
 2017年11月6日開通 飛行時間19分・予約可

・トロント〜ロンドン
 (Toronto〜London, ON)
 2017年12月下旬開通 詳細情報は未公開

トロントからキッチナー/ウォータールー、そしてバリーまで、20分未満で行けるという便利さです!

予約方法と気になるお値段は?

現在、キッチナー/ウォータールーとバリー行きの飛行機がFlyGTAのウェブサイトで予約できるようになっています。

そして気になるお値段は、こちら!

photo from FlyGTA

現時点では、両ルートとも片道129ドル(消費税と手数料込み)となっています。
決して安くはありませんが、移動距離・移動時間などを考えると、非常に魅力的なフライトです。

各都市の観光スポットをご紹介!

それでは、新ルートに加わった3つの都市の観光スポットを簡単にご紹介します。

●キッチナー/ウォータールー(Kitchener-Waterloo)


↑ビクトリア公園
photo from Explore Waterloo Region

キッチナーとウォータールーは隣同士の街で、二つ合わせて「KW」とも呼ばれています。

このエリアには、「ウォータールー地域博物館(Waterloo Region Museum)」や「ザ・ミュージアム(THEMUSEUM)」などの博物館が幾つかあります。

そして「ビクトリア公園(Victoria Park)」や「マクレナン公園(McLennan Park)」をゆっくりお散歩するのもおすすめです。

ウィンタースポーツが好きな方は、ぜひ「チコピースキー&サマーリゾート(Chicopee Ski & Summer resort)」へ♪

Explore Waterloo Region
http://www.explorewaterlooregion.com/

 

●バリー(Barrie)

Barrie Waterfront

湖に囲まれた自然豊かな街、バリー。
高級住宅街が多く、時間がゆっくりと流れる穏やかな街です。湖では、カヤックやカヌーに挑戦してみては?

バリー・センテニアル公園(Barrie Centennial Park)」や「マクラーレン・アートセンター(Maclaren Art Centre)」、「ヘリテッジ公園(Heritage Park)」などの人気観光スポットへ足を運んだ後には、「ヘリテッジ・エステイト・ワイナリー&サイダリー(Heritage Estate Winery & Cidery)」で地元のワインやサイダーを吟味してみてください。

オンタリオ州有数のスキーリゾート、「ブルーマウンテン・リゾート(Blue Mountain Resort)」もこの街にあります。

 

●ロンドン(London,ON)


photo from Tourism London

イギリスのロンドンにちなんで「ロンドン」と名付けられただけあり、英国の雰囲気が漂う街、ロンドン。

まずは、定番観光スポット「ロンドン博物館(Museum London)」とその隣にあるロンドン最古の邸宅「エルドン・ハウス(Eldon House)」へ訪れてみてはいかがでしょうか?そしてお昼どきには、活気のある「コベント・ガーデン・マーケット(Covent Garden Market)」へ。新鮮な野菜や果物が所狭しと並び、テイクアウトができたり店内で食べられるレストランもあります。

そして歴史あるこの町を堪能するなら、「ファンショー・パイオニア・ビレッジ(Fanshawe Pioneer Village)」がおすすめ。ここはロンドンの歴史や昔の人々の生活を再現した屋外の歴史博物館です。

 

ビリー・ビショップ・トロント・シティー空港への行き方


最後に、トロントのダウンタウンからビリー・ビショップ・トロント・シティー空港への行き方をご紹介します。

2015年にトロントダウンタウンと空港を繋ぐ「Pedestrian Tunnel」という地下通路が開通し、アクセスが非常に簡単になりました。

動く歩道や複数のエレベーターもあるので、スーツケースを持っていても移動がラクです!

地下通路の長さは約260メートル。”Via Tunnel”のサインに沿って歩くと、“本島の地下通路入り口”から”トロント島の空港チェックインカウンター”まで約6分でアクセスできます。


photo from PortsToronto

その他にも、フェリーやタクシー、バスなどでアクセスすることができます。
詳細はこちらをご確認ください。


オンタリオ州には大小様々な街があり、それぞれの街にそれぞれの魅力があります。

大都市トロントからの小旅行で、今回紹介した各都市に出かけてみてはいかがでしょうか?

こちらの記事もどうぞ
【トロント⇔ナイアガラ間が約15分】渋滞無しの新しい空の旅が誕生間近!
http://lifetoronto.jp/2016/08/tour/6688.html

Topへ