12月に運行開始!Toronto-York Spadina線の拡張で便利になるトロントの交通事情

   
  


 

2009年にスタートしたToronto-York Spadina線の拡張工事。
今年12月17日の運行開始に向け、着々と工事が進んでいます。
今回はToronto-York Spadina線の拡張についてご紹介します!

1. トロント市地下鉄、TTC

1921年に設立されたトロント市地下鉄、TTC。
初の地下鉄線、Union〜Eglinton間が開通したのが1954年。
以後、徐々に拡張を続け、現在は北米第3位の規模を誇ります。


photo from ttc.ca

現時点で地下鉄路線はイエロー、グリーン、ブルー、パープルの4線で、毎日100万人以上が利用しています。

⚫︎ イエローライン(ライン1):Yonge-University線
⚫︎ グリーンライン(ライン2):Bloor-Danforth線
⚫︎ ブルーライン(ライン3):Scarborough線
⚫︎ パープルライン(ライン4):Sheppard線

2. Toronto-York Spadina線の拡張

photo from TTC

イエローライン(ライン1)として親しまれている、Yonge-University線。

その終点駅にあたるDownsview駅は今年5月にSheppard West駅に改称され、その先にDownsview Park駅、Finch West駅、York University駅、Pioneer Village駅、Highway 407駅、Vaughan Metropolitan Centre駅の6つの駅の開通工事が行われています。

今回拡張される路線は8.6kmにわたり、トロント市とヴォーン市を繋ぐ路線としても注目されています。

<Toronto-York Spadina線概要>
⚫︎ トロント市:6.2 km(Sheppard West駅〜Pioneer Village駅)
⚫︎ ヴォーン市(ヨーク地域):
  2.4 km(Pioneer Village駅〜Vaughan Metropolitan Centre駅)
⚫︎ 4分毎に走行
⚫︎ 駐車場:Finch West駅(347台)、Pioneer Villege駅(1,881台)、
Highway 407駅(583台) 
⚫︎ 総工費:31億8千万ドル

3. Toronto-York Spadina線
〜 新設される6つの駅 〜

各駅に1人のアーティストがパブリックアートとして作品を提供している点、充実した駐車スペースやバリアフリーに力を入れている点も見どころです!

Downsview Park駅

完成イメージ:

photo from TTC

photo from TTC

パブリックアート:

photo from TTC

今回拡張される路線の一つ目の駅で、Downsview Park内に直通。
GOトランジットのバリー線に直接アクセスが可能。
 
場所:Sheppard Avenue West南側
デザイン:テーマは自然と都市の融合。緑を多く取り入れたデザイン。
アーティスト:Panya Clark Espinal、作品:”SPIN”(筆線の円形が3つ循環しているかのようなイメージ)

 

Finch West駅

完成イメージ:

photo from TTC

photo from TTC

パブリックアート:

photo from TTC

バスターミナル、347台収容可能な駐車場、パッセンジャー・ピックアップ/ドロップオフ、自転車駐車場設置。
 
場所:Keele Street x Finch Avenue West
デザイン:テーマは建築、工学、芸術の融合。多くの自然光が建物内に入るように設計されている。      
アーティスト:Bruce McLean、作品:芸術と建築の融合がコンセプト

 

York University駅

完成イメージ:

photo from TTC

photo from TTC

パブリックアート:

photo from TTC

自転車駐車場がある。現存するバスサービス(TTC、YRT、Viva、GOバス)はPioneer Village駅とHighway 407駅に移転。
 
場所:York Universityキャンパス   
デザイン:開放的で多くの自然光が建物内に入るよう設計されている
アーティスト:Jason Bruges Studio、作品:コンコースの壁にあるガラスのパネル

 
Pioneer Village駅

完成イメージ:

photo from TTC

photo from TTC

パブリックアート:

photo from TTC

1,881台収容可能な駐車場を設置。
 
場所:Steeles Avenue West x Northwest Gate
デザイン:新たなランドマークになることを期待して設計された斬新なデザイン
アーティスト:Tim and Jan Edler、作品:”LightSpell”(電球を使ったルミナリエアート)

 

Highway 407駅

完成イメージ:

photo from TTC

photo from TTC

パブリックアート:

photo from TTC

TTC、YRT、GOトランジットに接続。
583台収容可能な駐車場やパッセンジャー・ピックアップ/ドロップオフ(25台収容可能な駐車場有)を設置。
 
場所:Jane Street x Highway 407
デザイン:トロント市とヨーク地域を繋ぐ駅としてふさわしいお洒落なデザイン             
アーティスト:David Pearl、作品:カラフルなガラスと自然光を利用

 

Vaughan Metropolitan Centre駅

完成イメージ:

photo from TTC

photo from TTC

パブリックアート:

photo from TTC

Toronto-York Spadina線の終点。
YRTとVivaバストランジットに接続。
 
場所:Highway 7 x Millway Avenue
デザイン:細長く狭いドームのようなデザイン
アーティスト:Paul Raff Studio、作品:“Atmospheric Lense”(ドーム型天井にアートが施されている) 

 


デザイン性、機能性ともに兼ね備えた新設中の6駅。
運行開始が待ち遠しいですね!

個人的にはヨーク大学やヴォーン市に地下鉄でアクセスできるようになることと新設される駅の建物やアートを観るのが楽しみです。

通勤・通学も楽になるし、地下鉄利用による渋滞や温室効果ガスの軽減、地域の活性化に繋がることでしょう。

新設される6駅の詳細とイメージ:
https://ttc.ca/Spadina/Stations/index.jsp

工事やメインテナンスによるTTCサービスへの影響:
http://www.ttc.ca/Service_Advisories/Construction/index.jsp
http://www.ttc.ca/Service_Advisories/Subway_closures/index.jsp

Topへ