欲しかった日本の食材が手に入る!アジア系食材店&スーパー10選

  


多民族・多文化が共存するトロントでは、日本の食材も意外と手に入ります。
最近はカナダのスーパー、MetroやNo Frillsでも日本の食材を見かけるようになりましたが、
今回は「ここに行けば欲しかった日本の食材が手に入る!」という場所を10カ所ご紹介します。


(PR記事)AIG損保の海外旅行・海外留学保険の魅力まとめ10

韓国系の食材店

1. H-Mart

photo from KATY ASIA TOWN

最近ダウンタウン (Yonge st.) にもオープンした韓国系スーパーマーケット。
ダウンタウン、フィンチ、ノース・ヨーク、シェパード、リッチモンドヒル
5店舗がトロントとその近隣にあります。アメリカやイギリス、ブリティッシュ・コロンビア (BC) 州にも店舗を展開しています。

また、M2MというコンビニやHome & Homeというキッチンウェアやコスメを扱うお店を1店舗ずつ経営しています。

他の韓国系スーパーマーケットよりも若干値段は高めですが、新鮮な食材が手に入ります。

H-Pointというポイントカードがあり、デビットカードか現金で支払った場合、$1の購入につき、5ポイント。クレジットカードで支払った場合、 2ポイントが付与されます。5000ポイント毎に$10の割引が適用されます。

ダウンタウン店
ホームページ:http://hmartca.com/hmart
営業時間:月-日 8:00 – 24:00
住所:703 Yonge St., Toronto
アクセス:地下鉄ヤング・ブロア駅からYonge St.沿いを南に徒歩1分

2. M2M

photo from M2M

H-Martのコンビニ版

1階では野菜や魚、肉や調味料などが購入できます。
2階にはレストランスペースがあり、店内、若しくはテイクアウトで韓国料理が楽しめて便利です。
パンやケーキなど、ベーカリーやスイーツも充実しています。

ホームページ:http://hmartca.com/m2m
営業時間:月-日 8:00 – 24:00
住所:4885 Yonge St., North York
アクセス:地下鉄シェパード・ヤングからYonge St.沿いを北に徒歩5分

3. PAT

photo from Pat Mart

韓国系スーパーマーケットで、トロントとその近隣に5店舗あります。

ダウンタウン店はコリアンタウンにあり、利便性の良さと豊富な品揃え、比較的安い値段設定のため、留学生の間でも人気のスーパーです。
たい焼きも販売されていて、人気商品の一つです。

ダウンタウン店 (PAT CENTRAL)
ホームページ:http://patmart.ca
営業時間:月-土 9:00 -22:00 日 9:30 – 21:00
住所:675 Bloor St W, Toronto
アクセス:地下鉄クリスティー駅からBloor St.沿いを西に徒歩5分

4. Galleria Supermarket

photo from Galleria Supermarket Facebook

韓国系スーパーマーケットで、トロントとその近隣に3店舗あります。
オンライン注文配達も可能です。

ヨークミルズ店は広く開放感があり、他の韓国系スーパーよりもカナダのスーパーっぽい雰囲気です。(韓国色が薄い感じでしょうか…。)
品揃えがよく、ベーカリーやお惣菜も揃っています。

ポイントカードかあり、ポイントは5000ポイントからプレゼントと交換できます。詳細は、こちら(特典交換)をご参照ください。

ヨークミルズ店
ホームページ:http://www.galleriasm.com
営業時間:月-日 7:00 – 24:00
住所:865 York Mills Rd., Toronto
アクセス:地下鉄ヨークミルズ駅から95番バスで東に15分、Upjohn Rd.で下車

中華系の食材店

5. T&T

photo from T&T Facebook

台湾系のスーパーマーケットで、トロントとその近隣に7店舗あります。

野菜や調味料だけでなく、お惣菜やベーカリー、魚介類や冷凍食品などの品揃えも豊富です。試食サンプルやフードコートもあり、7月にはナイトマーケットが開催され、深夜まで盛り上がります。

T&T Rewardsというポイントカードがあり、$20の購入につき、20ポイントが付与されます。ある程度ポイントが貯まると、特典と交換できます。

ダウンタウン店
ホームページ:https://www.tnt-supermarket.com/on
営業時間:月-日 8:00 – 22:00
住所:222 Cherry St., Toronto
アクセス:地下鉄キング駅から172番バスで西に15分、Cherry St. East Sideで下車

 

6. Ding Dong Exotic Sweet


ユニークなお店が並ぶことで知られるケンジントンマーケットエリア。その入り口に位置するのがこちらのお店になります。現在はこちらのお店の他、マーカムエリアにも店舗があります。

店内には、日本から輸入されたお菓子や飲料品はもちろん、カレーやカップ麺が所狭しと陳列されています。

店内入口にはカップ麺用のポットも設置されていて、その場でお湯を注ぐことも出来ます。こういった心遣いは嬉しいですよね。

ホームページ:http://dingdongexoticsweet.business.site/
営業時間:日-木 11:00−19:00 金–土 11:00−20:00
住所:160 Baldwin St, Toronto

7. チャイナタウン

Toronto: Dundas St, Chinatown

チャイナタウンと呼ばれるCollege x SpadinaからDundas x Spadinaの間には沢山の八百屋が並んでいます。

野菜や果物は新鮮さには欠けますが、非常に安い値段で購入できます。野菜だけでなく、魚介類や肉、調味料なども手に入ります。

店員さんは中国語で話しかけてきますし、英語で話しかけても、中国語で返答がきます。(それはそれで面白いんですが 笑)中国語を勉強したい人、チャイナタウンの雰囲気を味わいたい人にはぜひ訪れて欲しい場所です!

近辺には中華料理店やバブルティーのお店があるので、立ち寄ってみましょう。素敵な発見があるかもしれません。

ホームページ:http://toronto-chinatown.info
営業時間:お店による
住所:College x SpadinaからDundas x Spadina
アクセス:地下鉄スパダイナ 駅から510番のストリートカーで南に10分、College St.で下車

日系の食材店

8. SANKO

photo from SANKO

ダウンタウンで純日本製のものを手に入れたいならここ!

日本から毎週空輸で商品を取り寄せていて他のアジア系スーパーでは手に入らない日本食材も揃っています野菜は全て日本直送の無農薬野菜を提供しているそうです。インスタントヌードルやパスタソースの種類も豊富で、炊飯器や包丁なども揃っています。東京バナナ(期間限定)やお役立ち情報をまとめた掲示板、そして駐車場もあります。

SANKOさんの外壁のアートも素敵なので、お買い物ついでに是非こちらも見てみてくださいね。

ホームページ:http://toronto-sanko.com
営業時間:月-土 10:00 – 19:00  日 11:00am-18:00  ※火:定休日
住所:730 Queen St. W, Toronto
アクセス:地下鉄オスグッド駅から301又は501番のストリートカーで西に20分、Claremont St.で下車

9. 平成マート

photo from J-TOWN Facebook

マーカム(トロントの北)にあるJ-TOWNの中にはいっている日系スーパーマーケット。

J-TOWNは平成元年にオープンした、トロント最大の日系ショッピングセンターです。日本食品やベーカリー、お寿司や精肉、雑誌やDVD、資生堂化粧品、美容室などが揃っていて、日本の雰囲気が味わえます。
日本が恋しくなったら、是非行きたい場所です。

ホームページ:http://j-town.ca
営業時間:火-土 10:00 – 19:00  日 11:00am-18:00  ※月:定休日
住所:3160 Steeles Ave. E, Markham
アクセス:地下鉄フィンチ駅から53番バスで西に30分、Victoria Park Ave.で下車

 

10. Ja PANTRY


2017年11月にオープンしたこちらのお店。店内に入ると、そこはまるで日本のコンビニ。おにぎりやお弁当はお昼ご飯にもぴったりで、おでんやしめ鯖などの冷凍食品や八つ橋などのスイーツ類も充実。

ふらっと立ち寄りたくなる、素敵なお店です♫

ホームページ:http://www.ja-pantry.com/
営業時間: 月−日 10:00-19:00
住所:973 Coxwell Ave, East York
アクセス:地下鉄ブロードビュー駅から8番のバスで北へ15分、Plains Rdで下車

みなさんはどこで日本の食材を購入していますか?選ぶポイントは何ですか?
今回紹介した10カ所以外にも「ここはオススメ!」という 日本の食材が買えるお店があれば、是非LifeTorontoにも教えてくださいね!こちらで追記してまたご紹介します。
 
*上記の情報は2018年1月時点のものです。
最新の情報は各ウェブサイトでご確認下さい。


(PR記事)AIG損保の海外旅行・海外留学保険の魅力まとめ10

Topへ