「怒り」プレミア上映 渡辺謙さん・宮崎あおいさんがトロント国際映画祭に登場!

   
  

tiff

photo from cbc

ついに今年もトロント国際映画祭(TIFF)が9月8日(木)開幕しました! 9月18日(日)までの日程で世界各国から豪華俳優陣がトロントに集結、国際映画祭一色で盛り上がっています!

41回目となる今年も世界各国から多数の作品がノミネートされており、日本からも話題の邦画作品がノミネートされています。(各作品の詳細についてはこちら)

rage

photo from 「怒り」公式サイト

そして、先日10日にはノミネート作品の1つ、「怒り」から、李相日監督、親子役を演じた俳優の渡辺謙さん・宮崎あおいさんがプレミア上映に登場しました!

 
今回は当日のプレミア上映の様子のリポート、レッドカーペットへのアクセス、期間中の邦画作品の上映スケジュールなどをご紹介したいと思います!

 

いざ、「怒り」プレミア上映会へ!

 

IMG_5632

期間中、ノミネート作品はトロント市内各劇場で上映されており、、今回のプレミア上映は地下鉄QUEEN駅すぐそばの「Visa Screening Room」が会場となりました。

IMG_5641

劇場内はまるでオペラやクラシックを鑑賞するかのような美しい造りになっています。6時開始の上映を前に観客席は満席。上映開始を待ちきれない、素晴らしい雰囲気の中、いよいよプレミア上映がスタート!
 
 

映画は、殺人事件で全国に指名手配された男の行方を巡り、犯人の特徴に酷似した3人の男を軸に物語が進みます。「目の前にいる男が殺人犯かもしれない」という、3人を取り巻く人々の疑念と葛藤とが複雑に絡み合う作品となっていました。
 

監督・出演者が舞台上にて挨拶!

 

上映終了後、来場した1400人の観客による鳴り止まない拍手喝采とスタンディングオベーションの中、李監督・渡辺謙さん・宮崎あおいさんが舞台上に登場します!
 
それでは、スタンディングオベーションを浴び、舞台上に登場する3人の様子を、渡辺謙さん・宮崎あおいさんの冒頭のインタビューと併せて御覧ください!
 

 

 

渡辺謙さんのTwitterからも、上映後の興奮した様子が伝わってきますね!
 
宮崎あおいさんはかつてホームステイで滞在して以来、14年ぶりのトロント訪問。冒頭、見事な英語でのスピーチも披露されました。李監督は「今すぐトイレに行きたいです」というコメントで会場の大きな笑いを誘っていました。
 

終始和やかな雰囲気のまま、この日のプレミア上映は終了となりました!
 
 

レッドカーペットへのアクセス方法は?

 
 
さて、ここからは周辺会場とチケットについての情報をお伝えしていきたいと思います。

IMG_5646

国際映画祭と言えば、「レッドカーペット」を優雅に歩く出演者達の華やかな様子を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか?
そんなレッドカーペットを、地下鉄St.Andrew駅を出てすぐのところにある映画祭のメイン会場で見ることが出来ます。(入場無料)

IMG_5633

メイン会場の入り口では、映画祭ロゴのモニュメントがお出迎えしてくれます。会場内は至る所にボランティアの方が常駐していて、写真撮影などにも気さくに応じてくれました。

会場内は歩行者天国になっており、フードコートや映画祭グッズが購入できる店舗が軒を連ね、非常に賑やかです。寿司を販売しているお店もありました。
 

S__7380995S__7380994

入り口をまっすぐ歩くといよいよレッドカーペットに到着です。到着した俳優陣を間近に見ることが出来るカーペット真横の見学エリアは、簡単な手荷物検査のみで入場することが出来ました。ただし、混雑状況によって入場制限を行うこともあるようです。なお、写真撮影のための「自撮り棒」は、安全面を考慮して持ち込みが禁止されていました。

また、会場内ではノミネート作品の主題歌などを歌うアーティストのフリーコンサートなどのイベントも定期的に実施されている様です。

今後の上映スケジュールとチケット料金は?

 
18日(日)まで開催されるトロント国際映画祭には、前述のとおり話題の邦画作品が複数ノミネートされています。ここからは期間中の邦画作品の上映スケジュール、並びにチケットの購入方法についてご紹介します。
 

作品名 上映日時
怒り(Rage) 13日(火)3:30pm 15日(木)9:30pm 16日(金)4:30pm
ダゲレオタイプの女(Daguerrotype Le Secret de la chambre noir) 12日(月)9:30am/1:00pm 15日(木)9:00am 18日(日)12:15pm
貞子VS伽椰子(Sadako vs. Kayako) 12日(月)11:30am 17日(土)11:59pm 18日(日)5:30pm
海よりもまだ深く(After the Storm) 13日(火)9:15am 18日(日)10:00am
永い言い訳(The Long excuse) 13日(火)11:00am 17日(土)6:30pm 18日(日)9:15am
淵に立つ(Harmonium) 14日(水)4:30pm 15日(木)8:45pm 18日(日)9:00pm
Ten Mornings Ten Evenings and One Horizon ※ショートフィルム作品、上映スケジュール要確認

 
 チケットに関してはTIFFの公式サイト、及びメイン会場内のチケットオフィスにて購入することが出来ます。

・通常チケット $25~
・プレミア上映チケット $49~
・Rush ticket $20~

プレミア上映は通常の上映後に出演者などが登場する特別上映となります。また、いわゆる当日券は「Rush ticket」と呼ばれています。こちらの購入を希望される方は劇場入口付近「Rush line」と表示されている列へ直接お並び下さい。

S__23822370

なお、チケット購入者は上映開始時刻の15分前に会場入りする必要があります。というのも、上映開始15分前に空席があった場合、「Rush line」の列に並んでいる人に座席の権利が渡ってしまうのです。
 
10日に劇場周辺で確認したところ、作品によってRush ticketの待機列もかなり長くなっていましたので、チケットを購入された方は、遅くとも15分前までには必ず座席に到着されることをオススメします!

なお、Rush ticketは当日の空席がない場合、入場できない可能性がありますので、なるべくチケットはあらかじめ購入しておきましょう。チケットはプリントアウトするか、QRコード画面を見せて入場します。
 
 

芸術の秋、世界の映画に酔いしれる!

 
いかがでしたでしょうか?邦画作品以外にも、期間中は世界各国の話題作からショートフィルムまで、多くの映画がトロントで上映されます。上映される映画は勿論、メイン会場や周辺を歩くだけでも、華やかに彩られた映画祭の雰囲気を味わうことが出来ます
 
芸術の秋、年に一度の映画の祭典で、世界の映画に触れてみてはいかがでしょうか?
 
 
 
 

トロント国際映画祭 公式サイト
映画「怒り」 公式サイト twitter

Topへ