トロントのこの人に注目!第1回目、カフェ「Hot Black Coffee」オーナー Momijiさん

   
  

HotBlack Coffeeさん  hotblack_coffee  • Instagram写真と動画

Vogue誌の「世界のオシャレなストリート」で第1位に選ばれたトロントの Queen West。そんな通りに2016年5月初旬にオープンしたカフェ「Hot Black Coffee」を皆さんご存知ですか?

今回はジェネラルマネージャーである Momiji さんに、カフェやコーヒについてお話しを伺ってきました。

 

Q.Hot Black Coffeeをオープンした理由を教えてください。

「たくさんの人の手を通して作られた素晴らしいスペシャリティ・コーヒーの数々を、出来るだけ多くの人に楽しんでもらいたいから」

ですね。トロントに限らず、美味しいスペシャリティ・コーヒーを扱うお店はたくさんありますし、こだわりを持ったお店のご主人もたくさんいます。

でも、お客様の中には高値のスペシャリティ・コーヒーを扱うお店や、すごくこだわってコーヒーを淹れているお店には入りづらいと思う人たちがいることを過去の経験で学んだんです。

ですから、お客様に対しての私の目標は、どんな方でも気軽に足を運べるようなお店にすること、スペシャリティ・コーヒーとお客様の距離を近づける事が出来るようなお店にすることだと思っています。

7
(写真中央がMomijiさん)

 

Q.他のカフェに負けないところは何ですか?

■ 美味しいスペシャリティ・コーヒーを提供している事
■ フレンドリーなサービス

ですね。コーヒーをお客様に楽しんでいただけるように提供する事には常に気を配っています。

私としては「負けないぞ!」と肩を張ったり気負ったりするのではなく、出来るだけ自然にその時の(お客様やコーヒーの)状況にしっくり合った最高の物を提供できたらいいなぁと考えています。

コーヒーも人と同じように常に状況が変わるオーガニックなものですから、水のように滑らかで柔軟性があり、隅々まで心が行き届くようなお店に出来ればと考えています。

プロフェッショナルな姿勢を保ちつつ、お客様(そして私たち働く人たち)が偽りなくお互いに接し合える様な温かい場所を目指しています。

3

 

Q.スタッフの皆さんにはどんな指導をしているのでしょうか?

■ どんな小さい事であってもコーヒーの事をより知ってもらうこと
■ どんなプロセスでコーヒーが作られるのか、またそれによってどのように味が変わるのかというコーヒーの性質について興味を持ってもらうこと
■ 出来ればコーヒーを情熱的に愛し、楽しんでコーヒーと向き合ってもらえるように指導していくこと

以上のことが、ここで働いているスタッフに対しての私の役目だと思って接しています。

私は今までバリスタとして、たくさんの人の手を通して作られたコーヒーとそのコーヒーにかけられた愛情をそのままカップへ落とし、その情熱と愛情がそのまま飲む人の心に響けば、「成功」と考えて仕事をしてきたので、出来ればそれをスタッフにも理解してもらって、コーヒーを淹れてもらいたいと毎日考えていますね。


(Hot Black Coffee バリスタの皆さん)
 

Q.お店にWiFiがない理由は何ですか?

「想像を絶するような時間、たくさんの汗や手、いろんな試行錯誤と苦労を通して作られた素晴らしいコーヒー豆に対して、できるだけたくさんの人たちが、ほんの数分、数秒だけでもそういったコーヒーと向き合って欲しい」

というのが私の兼ねてからの願いでしたので、人々の気を散らせてしまうWiFiをお店から敢えて無くしました。

いろんなお客様にWiFiについて質問されますが、答えはいつも同じです。

コーヒーを楽しいんで欲しい事、そして、電話やコンピューターの画面ではく、一緒にいらっしゃった方や他の見ず知らずのお客様同士、または私たちスタッフと少しでもいいので、バーチャルではない時間を過ごして欲しい、ということからの結果です。

お仕事したい方、旅行者の方達には申し訳ないなぁと、思う事もありますが、コーヒー(だけでなく、食べ物一般)と、そして人と向き合う時間が少なくなりつつある世界なので、(ここは私も心を鬼にして)少しでも多くの人たちに小さなきっかけを提供していきたいと思っています。

2

 

Q.お店を貸し切ってイベントやパーティーもできると聞きました

■ Sick Kids Hospital のファンドレイズ・パーティー(30人程)
■ ワイン輸入会社の新しいワインの紹介テイスティング会(6人程度)

などなど、サイズも様々なイベントにご利用いただいています。
リカーライセンスも取得してあるので、プライベートパーティから会社のパーティなど気軽にお問い合わせください。お客様のニーズに合わせて対応できるようにと考えています。

お店の電話番号:416-840-6141

 

Q.パティオについても少し教えてください。

お店の裏の駐車用スペースの半分を街中の隠れオアシスにしました。

午前中は静かで涼しく、昼頃から夕方までしっかりと日があたる明るいスペースです。シダーを使った塀や壁、シンプルなピクニックテーブル、カラフルな日よけ、そして、大きな木の根を使ったオブジェとかわいい植物達が、なんとなくコテージ感を思わせ、ダウンタウンにいる事をつい忘れてしまうような空間です。

6

Q.LifeToronto読者のために Momiji さんがオススメするドリンクをいくつか教えてください。

■ チルド・グリーン・アイ(レッド・アイにちなんだ名前です)
フィルターコーヒーとエスプレッソショットを混ぜたレッドアイにミント(グリーンはここから)をインフューズさせ、少量のシンプルシロップで味を調えた、夏のリフレッシュにぴったりの冷たい飲み物です。

■ スパークリング・レモリカーノ
スパークリングレモネードとエスプレッソショットを併せた爽やかな飲み物です。

■ カプチーノ
クリーミーなミルクとエスプレッソのバランスある温かい飲み物。定番過ぎるけど自信をもってオススメします。

■ コーヒーゼリーラテ
ベジタリアンの方もいるので、ゼラチンではなく寒天を敢えて使ったコーヒーゼリーです。クラッシュアイス、ミルク(またはアーモンドミルク)を併せたユニークなテキスチャのコーヒードリンクです。

■ シェケラート
シンプルにエスプレッソをシェーカーで振ったものになります。ジャスミンティを少し混ぜたバージョンや、少し甘くしたものなどいろんなバリエーションを楽しめます。

■ コールド・ブルー
今はコスタリカ、バンダバルというコーヒーを使用していますが、コーヒーのハーベスト時期に合わせて使用するコーヒーが変わります。

unnamed
コーヒーゼリーラッテ

 

Q.最後になりますが、これからどんなお店にしていきたいと思っていますか?

「お客様が何を望んでいるのかを明確にし、それを私達スタッフがスペシャリティ・コーヒーのクオリティを損なわない範囲内でどのように提供できるかを考えられる柔軟性のあるお店」

にしたいと思っています。

どんな形であっても、お客様が「ここで、またコーヒーを楽しみたい!」と思える様なお店に出来ればいいなぁと考えています。

気軽にコーヒーを楽しむため、お友達と時間を過ごすために、近くに来たら是非遊びに来てください。

11

12

Hot Black Coffee
営業時間:月~金7am – 6pm / 土、日 8am – 6pm
住所:245 Queen Street West, Toronto Ontario
電話番号:416-840-6141
【Instagram】

Momijiさん

2006年オーストラリアに8ヶ月間滞在している際 、コーヒーに目覚める。帰加後、ダークホース・エスプレッソ・バーに運良く就職。

沢山の人の助けを得てコーヒーを学び、2011年と2013年にセントラル・カナダ・バリスタ・コンペティションで優勝。2010年から2015年までディトゥア・コーヒー・ロースターズ専属のコンペティション・トレーナーを務め、数々のバリスタを地区・全国大会で入賞に導く。

過去のマネージメント経験を生かし、ホット・ブラック・コーヒーを2016年に開店。クオリティフードもジャンクフードも平等に愛する食べ物好き。

Topへ