人気映画満載の「トロント日本映画祭」6/9~開催!上映作品24本予告編まとめ!

   
  

最近、日本の映画を観ていますか?

今年で5回目を迎えるトロント日本映画祭(TJFF)が、2016年6月9日(木)~23日(木)に開催されますよ~!

 

トロント日本映画祭(TJFF)について

トロント日本映画祭は、日系文化会館で毎年6月に開催されています。
毎年、日本で評判の良かった映画や話題の映画が上映され、第1回では12本の作品が上映されましたが、第5回目となる今年はその倍となる24本が上映されます。

そして、毎年豪華ゲストが登場するのも人気の秘密。過去には

原田真人監督(代表作品:駆け込み、日本のいちばん長い日、わが母の記)
周防正行監督(代表作品:レディ舞子、Shall We Dance)と女優の草刈民代夫人

が登場したこともあります。

ちなみに今年は映画「Persona Non Grata (杉原千畝)」のCellin Gluck監督が登壇予定です!楽しみですね~!

 

トロント日本映画祭で上映される映画24本

Films   Toronto Japanese Film Festival
photo from TJFF

それでは今年のラインナップを見ていきましょう!
ひとつひとつの詳細はこちらのページで既に紹介されているので、ここでは予告編の動画と映画について簡単にご紹介します!※日付は上映日
 

1.母と暮せば / 6月9日(木)

井上ひさしさんが晩年に構想していた「戦後命の三部作」の意思を山田幼次監督が引き継ぎ、「長崎」をテーマに制作。主演は吉永小百合さんと二宮和也さん。原爆で息子を失った母親の前に死んだはずの息子が現れます。

ちなみにライフトロントスタッフ、既に鑑賞済み。泣きました。
 
2.セーラー服と機関銃 – 卒業 / 6月10日(金)

組員が4人しかいない目高組の組長となり、機関銃を抱えて伯父を殺害した相手に殴り込­みをかけたという過去を持つ高校3年生の星泉。目高組を解散した彼女は、­シャッター商店街の一角でメダカカフェを営む店長として元組員の従業員と共に忙しい毎­日を送っていましたが、泉の友人が偽モデル詐欺の被害に遭ったことを知り……。

 
3.残穢-住んではいけない部屋- / 6月10日(金)

ベストセラー作家・小野不由美の本格ホラー小説「残穢」を中村義洋監督が映画化。読者の女子大生から「今住んでいる部屋で、奇­妙­な音がする」という手紙を受け取ったミステリー小説家が、二人で異変を調査するう­ちに­驚くべき真実が浮かび上がってくるさまを描いています。

 
4.愛を積むひと / 6月11日(土)

エドワード・ムーニー・Jr.の小説「石を積む人」を基にしたヒューマンドラマ。北海­道で第二の人生を過ごそうとする夫婦が、改めて自分たちの愛情や絆を見つめ直す姿を追­い掛けていきます。
 
5.天空の蜂 / 6月11日(土)

人気作家・東野圭吾の小説を、堤幸彦監­督が映画化した社会派サスペンス。最新鋭の大型ヘリを手に入れたテロリストが、日本全­国の原発の停止を求め稼働中の原発上空でホバリングさせるテロ事件を描いています。
 
6.日本の一番長い日 / 6月11日(土)

半藤一利のノンフィクションを基にした群像歴史ドラマ大作。太平洋戦争での日本の降伏­決定から、それを国民に伝えた玉音放送が敢行されるまでの裏側を見つめる作品です。役所広司さん、本木雅弘さん、松坂桃­李さんなど実力派が集結。

 
7.ヒロイン失格 / 6月12日(日)

幸田もも子のコミックを実写化した青春ラブコメディー。
思­いを寄せる相手にとって自分こそがふさわしいと考える自信過剰な少女が、さまざまな騒­動を巻き起こします。

 
8.ちびまる子ちゃん イタリアから来た少年 / 6月12日(日)

ご存知人気テレビアニメの劇場版。

世界各国から日本にやって来た子どもたちとまる子たち­の交流、地元である静岡県から大阪・京都旅行に向かう物語が描かれています。
 

9.杉原千畝 / 6月12日(日) ※Cellin Gluck監督が登壇予定

第二次世界大戦中、ナチスによる迫害から逃れるユダヤ人のために独断で日本通過のビザを発行。約6,000人のユダヤ人の命を救った外交官・杉原千畝の生涯を描いた作品です。ロケの舞台はポーランドで主演は唐沢寿明さんです。
 
10.あん / 6月13日(月)

元ハンセン病患者の老女­が尊厳を失わず生きようとする姿を紡ぐ人間ドラマです。樹木さんが演じるおいしい粒あん­を作る謎多き女性と、どら焼き店の店主や店を訪れる女子中学生の人間模様が描かれています。
 

11.恋人たち / 6月14日(火)

­3人の男女の物語。自分に興味を持ってくれない夫と気が合わない義­母と生活している女性、同性愛者で完璧主義の弁護士、妻を通り魔に殺害された夫を中心­に物語が交錯します。
 

12.ビリギャル~学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話 / 6月15日(水)

素行不良のギャルで、高校2年生で小学4年生程度の学力しかなかった少女・さやかが、学力偏差値を上昇させ慶應義塾大学に現役合格するまでを描いた実話です。
 
13.きみはいい子 / 6月16日(木)

幼児虐待や学級崩壊といった問題を通して愛について描いた中脇初枝の小説を基に映画化されたヒューマンドラマ。
学級崩壊をさせて­しまう新米教師、親からの虐待を受け自身も子供を虐待する母親、家族を失い一人で暮ら­す老人といった老若男女が、現実と葛藤しながらも生きていく姿を映しています。
 
14.蜜のあわれ / 6月17日(金)

昭和の文豪・室生犀星さんが理想の女性を描いたとされる金魚の姿を持つ少女と老作家の文芸ファンタジー。
ある時­は少女、ある時は赤い金魚であるヒロインと老作家の同居生活が描かれています。主演は二階堂ふみさんと­大杉漣さん。
 
15.るろうに剣心 京都大火編 / 6月18日(土)

大ヒット漫画「るろうに剣心」が実写映画化!動乱の幕末で「最強」の伝説を残した男、緋村剣心と最大の敵「志々雄真実」との闘いを描いています。
 
16.るろうに剣心 伝説の最期編 / 6月18日(土)

大友啓史監督と佐藤健さん主演で映­画化したアクション大作の完結編です。伝説の人斬り・緋村­剣心が大切な人と国を守るべく、日本征服をもくろむ志々雄真実一派との壮絶な死闘に挑­みます。

 
17.寄生獣 / 6月18日(土)

人気漫画を主演・染谷将太、監督・山崎貴によって二部作で実写映画化した­作品。謎の寄生生物(パラサイト)がある日海辺に流れ着いた世界を舞台に、右手に寄­生したパラサイト・ミギーと共生することになった高校生・泉新一と、ほかの寄­生獣との戦いや友情、別れが描かれています。

 

18.海難1890 / 6月19日(日)

タイトルの読み方は『海難1890』(かいなん いちはちきゅうぜろ)。1890年に起きたエルトゥールル号遭難事件と、1985年のイラン・イラク戦争勃発時にテヘランに取り残された日本人の救援のため、トルコ政府が救援機を飛ばして救出した出来事の顛末が描かれています。

 

19.はなちゃんのみそ汁 / 6月19日(日)

がんに侵され余命わずかな母親が幼い娘にみそ汁作りを通して愛情と生きる力を伝える、­ドラマ化もされたノンフィクション小説を映画化。母親役に広末涼子さん、その夫に滝藤賢一さん、そして歌手の一青窈さんが共演しています。

 

20.先生と迷い猫 / 6月19日(日)

カタブツでヘンクツな校長先生と、亡き妻が可愛がっていた一匹の三毛猫。猫が教えてくれる町と人と、夫婦の愛のお話しです。
 
21.信長協奏曲 / 6月20日(月)

原作は石井あゆみさんによる漫画。テレビアニメ、テレビドラマ化もされています。主要キャストは実写ドラマ版と同じ役者たちが演じています。内容はドラマ版の直接的な続編として本能寺に至るサブローの物語に一つの区切りを付ける最終章となっています。
 

22.この国の空 / 6月21日(火)

『ヴァイヴレータ』などで知られる脚本家の荒井晴彦が『身も心も』以来17年ぶりにメ­ガホンを取り、芥川賞作家・高井有一の谷崎潤一郎賞受賞作を映画化です。
終戦間近、当時の東京の庶民の生活を細やかな感性と格調高い文章で丁寧に描写され、戦争という時代を戦場ではなく、庶民の暮らしを繊細に、そしてリアルかつ大胆に映像化しています。

 

23.あやしい彼女 / 6月22日(水)

2014年公開の韓国映画『怪しい彼女』をリメイクしたコメディー。7­3歳の頑固な女性がひょんなことから20歳の姿に戻り、失われた青春を取り戻していく­姿を描いています。

 

24.殿、利息でござる! / 6月23日(木)

2016年5月14日公開。『武士の家計簿』の原作者・磯田道史による「無私の日本人」の一編「穀田屋十三郎」を­、中村義洋監督が映画化。年貢の取り立てや労役で疲弊した宿場町を救うため、藩に金を貸して毎年の利息を地域­の住民に配る「宿場救済計画」に尽力する人々の姿を描いています。主演は阿部サダヲさん。その他、瑛太さん、妻夫木聡さんなど実力派が出演­。

 

TJFF-2016_Sliders-1
photo from TJFF

ということで、皆さんが観たい映画はありましたか?

お家での映画鑑賞もいいですが、やっぱり映画館の大きなスクリーンと大迫力のサウンドの中で観るのは最高ですよね!

上映される映画は日本語音声で英語字幕が付いてくるので、日本語の分からないお友達を誘ってもOK!チケット購入はお早めに!

トロント日本映画祭(TJFF)
開催時期:2016年6月9日(木)~23日(木)
開催場所:Japanese Canadian Cultural Centre
チケット:Non-member 一般 $12
【日系文化会館Webサイト】【公式サイト】【Facebook】

Topへ