寒さも映画鑑賞の一部!?雪の映画館が建てられた!

   
  

今年の1月ごろ、アルバータ州のフォートマクマレーで雪の映画館を建てられたことが話題になってます。

この雪の映画館を立てたのはカナダ人のグラハム・ワットモウさん。彼はこの活動の他にもWhere the Highway EndsというFacebookサイトで、NorthWest Territoriesへの旅行体験記や、彼の住むフォートマクマレーでのアウトドア情報などをシェアする活動をされています。

彼が建てた雪の映画館は縦約3メートル横役6メートルの大きさで、作成には3日の時間を要したようです。

この写真のように巨大な雪の壁を作り、そこに映像を投影することで映画を楽しむことができます。

グラハムさんはこの雪の映画館を作る過程を「instructables」というサイトに掲載しています。そこで、グラハムさんからこの素敵な映画館の造り方を学んでみましょう!

 

Step1 場所を決める

まずは映画館を立てる場所を決めます。もちろん一面の雪野原を見つけることが肝心ですが、それ以上に重要なのが、電源を確保すること。グラハムさんは自家用車のトラックから電源を引いてくることでこれを解決したようです。

グラハムTIPS

Choose a location protected from the wind with lots of snow if possible but also you need somewhere to protect and power your projector.

(意訳)可能であれば、吹き付ける風と雪を防げる場所を選ぼう。それに重要なのが、その風からプロジェクターを守れて、しかもそれに電源を引ける場所を選ぶことが重要だね。

 

STEP2 雪を積み上げる

場所が決まったら次は雪をショベルで積み上げていきます。ここで重要なのは積み上げる雪の大きさを、最終的なスクリーンの大きさと同じサイズにしておくこと。

大抵のスクリーンは16:9の大きさなので、その比率を守ることが重要だそうです。

 

Step3 雪を固める

グラハムさんが言うには、この過程がとても重要だと言います。ショベルで叩いたり、上に乗って踏見つけてみたり。この過程の良し悪しによって映画館の完成度がまったく変わってきます!

グラハムTIPS

This is one step that you need to be very thorough with.

(意訳)この過程は徹底しておこう

 

Step4 休憩!

休憩をとるのも忘れずに。

グラハムTIPS

Back to work!

(意訳)さあ仕事に戻ろう!

 

STEP5 雪のブロックを作る

次にグラハムさんは、積み上げて固めた雪から、横40cm、縦15cm、深さ15cmのブロックを切り取りました。

この過程でブロックがうまく切り取れなかったらStep3の雪を固めるところからやり直しです。

 

STEP6 ブロックを積み上げよう!

ここまで済めばいよいよ映画館の組み上げです!Step5で切り取ったブロックを順番に並べて、映画館のラフな形を積み上げていきましょう。

グラハムTIPS

You may need a small step ladder depending on how high you want to go with your wall.

(意訳)映画館のサイズによっては小さい梯子がいるかもしれないね。

 

Step7 隙間を埋める

積みあがったら次はブロックとブロックの隙間を埋めます。この過程は素早くやらないと、隙間があるうちに風が吹くと壁が崩れてしまうのだとか。

 

Step8 完成!

さあいよいよ完成した雪の映画館。自分のお気に入りの映画を楽しみましょう!ホットチョコレートも忘れずに!

 

 

最後にグラハムさんが雪の映画館を制作する様子がYoutubeで公開されているので、ご覧ください。

グラハムさんは今後、ベンチなどを備え付けて、冬の間お客さんが鑑賞できるようにしたいと語っているそうです。

寒さも映画鑑賞のうちなのかもしれませんね!

Topへ