【ご飯が進みすぎて私なんだか怖い】ピリ辛っ!ケールと干しあみえびの佃煮!

   
  

「大根葉の佃煮が食べたいんだけど、カナダじゃ大根葉がなかなか手に入らねぇ・・・。」(´◉◞౪◟◉)ガビーン

何を隠そう、バンクーバーのスーパーや八百屋で売っている大根って、入荷した時点で既にアタマがカットされているんですよね。(つるっぱげ)

だったら

「ケールがあるやないのッ!」(´◉◞౪◟◉)♪

2015-04-07_01-05-41

ケールといえば青汁の主な材料として知られていますが、元々キャベツ類の原種なんですよね。ヨーロッパでは、ロールキャベツならぬロールケールみたいな食べ方もあったりしますが、炒めものやサラダ、胡麻和えなどにも使える料理の万能選手です。

ということで、今日はテキトウにつくってみたら意外とイケた「ピリ辛っ!ケールと干しあみえびの佃煮」をご紹介します。

 

ピリ辛っ!ケールと干しあみえびの佃煮

(材料:お茶碗1杯分)

グリーンケールの葉 3枚
干しあみえび 大さじ4
唐辛子 1つ (辛いの苦手だったら無しでOK!)
かつお節 1パック
白ゴマ 好みの量
ごま油(炒める用)

★酒 大さじ2
★醤油 大さじ2
★みりん 大さじ2
★砂糖 大さじ2

※今回は白ゴマを使いましたが、煎りゴマをお持ちの方はぜひ煎りゴマをお使いください。

(作り方)
①★の材料をすべて混ぜ合わせておく。
②ケールをよく洗い、水気を切る。茎の部分は小さく切り、葉は適当なサイズに切る。茎と葉を分けておく。唐辛子は種を取って輪切りにする。

kaletsukudainino2
(↑3枚分の葉でこのくらいになりました。)

③フライパンに油を引き、まずケールの茎から炒める。しばらくしたら葉、唐辛子、干しあみえびを投入。
④葉がしんなりしてきたら、★を入れる。
⑤汁気がなくなってきたら、煎りゴマとかつお節を回し入れて、かき混ぜたら完成!

 

ということで、こんな感じになりました!

kaletsukudaini1

も~!「ほっぺが爆発しちゃうッ♪」

kaletsukudaini2

唐辛子の辛さがジワジワ来て、KARADAが夏になります。暑くて最高。

いつも白飯だけを「旨い旨い」と頬張っていた私も、ケールの佃煮を前ではさすがにひれ伏しました。これにはご飯がス◯ム君もビックリ!

お米は美味しいから毎日食べられるのですが、そのお米がもっと美味しくいただける佃煮。お手製なら尚更ですよね!

毎日の食卓がちょっと楽しくなるケールの佃煮。ぜひ皆さんもやってみてくださいね!それではまた!( ・◡・ )♪

Topへ